autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース ジャパン21、ドライブレコーダーなどの行動可視化の究極ツールを発売

自動車ニュース 2014/5/13 13:17

ジャパン21、ドライブレコーダーなどの行動可視化の究極ツールを発売

ドライブレコーダー
衝突防止補助システム衝突防止補助システム

ジャパン・トゥエンティワンは、モービルアイ社の開発・生産する後付できる衝突防止補助装置の販売を2011年より行っている。この装置の発報する警報ログをドライブレコーダーに記録し、データをパソコンに取り込み編集することでドライバーの運転時の行動分析を行い、日々の安全運転教育に活かしたいという市場のニーズに対応すべく、ドライブレコーダーの開発生産メーカーであるユピテルの協力の下、連携システムを開発した。連携するのはユピテル製のドライブレコーダー「BU-DR R401」とジャパン21社の「Mobileye C2-270」。

「BU-DR R401」は、連続記録のみならず加速度センサーによって衝撃や急発進、急ブレーキ、急ハンドルを検知した時だけSDカードに映像を保存できる機能を持つドライブレコーダー。

また、「Mobileye C2-270」は、単眼カメラで前方の車両や歩行者および車線などを検知し(1)前方車両衝突警報(2)低速時前方車両衝突警報(3)歩行者衝突警報(4)車線逸脱警報(5)前方車間距離警報の5つの警報をアイコン表示とブザー音で行う衝突防止補助システム。同連携システムでは、この双方を専用のアダプターを用いて統合化した。

同システムにより、これまでトラックバス事業者などの経営者や管理者が把握することが難しかった日々の各ドライバーの運転状況、「警報発生回数」や「車間距離のとり方(秒数)」などを数値化することで管理が可能となり、ドライブレコーダーの記録映像とあわせてドライバーの運行管理や安全運転指導に活用でき、交通事故の削減に寄与する。なお、同連携システムの販売は、両者の法人向け販売網を通じて行なう。

価格

◇モービルアイプロダクツ(衝突防止補助システム)

本体価格:140,400円(消費税込)

取付価格:

・乗用車:37,800円(消費税込)

・大型車:48,600円(消費税込)

◇ドライブレコーダー

本体価格:37,800円(消費税込)

◇データロガー・アダプター

本体価格:16,200円(消費税込)

※本製品は法人様向けのため5台以上からの販売

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!