autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース カロッツェリア、2014夏モデル カースピーカーなど7機種を新発売

自動車ニュース 2014/5/12 16:55

カロッツェリア、2014夏モデル カースピーカーなど7機種を新発売

薄型のパワードサブウーファーと本格的な重低音を楽しめるサブウーファー登場

パイオニア パワードサブウーファー【TS-WX120 A】

パイオニアは、カロッツェリア2014年夏モデルとして、シート下などに設置可能な薄型のパワードサブウーファーと、高音質で本格的な重低音を楽しめるサブウーファー3機種、サブウーファー専用エンクロージャー3機種を発売する。

パワードサブウーファー「TS-WX120A」は、従来モデルより薄い厚み70mmで、コンパクトカーをはじめとする幅広い車種のシート下などに設置して重低音を楽むことができる。口径の異なる3モデルをラインアップしたユニットタイプのサブウーファー「TS-W3020/W2520/W2020」は、別売のパワーアンプと組み合わせることで、高音質で本格的な重低音を再生する。また、サブウーファーを下向きに設置する“ダウンファイヤリング方式”にも対応したサブウーファー専用エンクロージャー「UD-SW300D/SW250D/SW200D」も合わせて発売する。

パワードサブウーファー「TS-WX120A」の主な特長

パイオニア パワードサブウーファー【TS-WX120 A】パイオニア パワードサブウーファー【TS-WX120 A】パイオニア パワードサブウーファー【20cm×13cm平面アルミニウム振動版】

(1)新開発の“大型平面アルミニウム振動板(20cm×13cm)”を採用

新開発の“大型平面アルミニウム振動板(20cm×13cm)”の採用と磁気回路などの最適化により、音の歪みを減らして、低域の再生能力を向上させるとともに、量感豊かな重低音再生を実現。

(2)幅広い車種のシート下などに設置できる薄型・小容積タイプ

薄型(厚み70mm)で小容積なので、コンパクトカーや軽自動車など幅広い車種のシート下などに取り付けることが可能。

(3)その他の特長

・低歪率と高出力を両立した「POWER MOS FET 150Wハイパワーアンプ」を搭載

・スピーカー出力、コンポーネントRCA出力に接続可能

・手元で音質調整できる「ワイヤードリモコン」付属

サブウーファー「TS-W3020/W2520/W2020」の主な特長

パイオニア サブウーファー【TS-W2520】

(1)“高剛性IMPPコーン”を採用

マイカ(雲母岩石)含有樹脂を射出成形した“高剛性IMPPコーン”を採用しており、歪みのない低音を再生。またコーン紙裏面に抄紙(すいた紙)を貼り合わせることで適度な内部損失を獲得し、不要振動を排除したクリアな重低音再生を実現している。

(2)“オーバーサイズ・コーン”を採用(TS-W3020/W2520)

一般的なサブウーファーよりも振動面積が大きい“オーバーサイズ・コーン”を採用することで、より力強い重低音再生を実現。

(3)“フリーエアー取付”に対応(TS-W2020)

エンクロージャーなどを使わずに、直接リアトレイなどへサブウーファーを取り付ける、“フリーエアー取付”に対応している。

(4)その他の特長

・高耐入力で音の立ち上がりを向上する“2層構造エッジ”“ダブルダンパー構造”を採用

・高効率な低歪み駆動を実現する“4層構造ロングボイスコイル”を採用

・磁束分布を最適化することで、大振幅時の正確な駆動と高い放熱効果を実現する「プロジェクテッド・ベンテッド・ポールヨーク」を採用

エンクロージャー「UD-SW300D/SW250D/SW200D」の主な特長

パイオニア エンクロージャー【UD-SW250D】

(1)“ダウンファイヤリング方式”に対応

「TS-W3020/W2520/W2020」の再生能力をフルに発揮するために、専用設計されたエンクロージャーで、サブウーファーを下向きに設置して低域の音圧を高める“ダウンファイヤリング方式”にも対応している。

(2)省スペース&レイアウトフリーのコンパクト設計

コンパクトサイズで天面や側面にも設置できるので、トランクや荷室のスペースを有効に利用可能。また、“ダウンファイヤリング方式”で設置する場合には、エンクロージャーの天面に物を置くこともできる。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!