autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース WTCC 第4戦、シトロエンレーシングが4戦連続優勝

自動車ニュース 2014/5/12 15:48

WTCC 第4戦、シトロエンレーシングが4戦連続優勝

60kgのウエイトハンデもものともせずにシトロエンが1-2フィニッシュ

シトロエンレーシング/FIA 世界ツーリングカー選手権(WTCC)第4戦スロバキア
シトロエンレーシング/FIA 世界ツーリングカー選手権(WTCC)第4戦スロバキアシトロエンレーシング/FIA 世界ツーリングカー選手権(WTCC)第4戦スロバキア

FIA 世界ツーリングカー選手権(WTCC)第4戦が、スロバキアリンク(スロバキア)で行われた。シトロエンレーシングは、予選で1-3位を占めレース1では1-2フィニッシュを飾った。

続くレース2は悪天候によりキャンセルとなったが、シトロエン C-Elysée WTCCは開幕以来4大会連続で優勝を飾り、圧倒的な速さを見せ続けている。

今回もシトロエン C-Elysée WTCCに対し、性能調整による60kgのウエイトハンデが課せられていたが、予選ではホセ‐マリア・ロペスがトップタイムをマーク。セバスチャン・ローブが2番手、イヴァン・ミューラーが3番手と、前戦同様シトロエン勢が上位を独占した。

悪天候によりレース2がキャンセルに

シトロエンレーシング/FIA 世界ツーリングカー選手権(WTCC)第4戦スロバキア
シトロエンレーシング/FIA 世界ツーリングカー選手権(WTCC)第4戦スロバキアシトロエンレーシング/FIA 世界ツーリングカー選手権(WTCC)第4戦スロバキア

天候は雨、ウエットコンディションで行われたレース1では、ローブが絶妙のスタートを見せトップに立ち、ロペスがそれに続く。ミューラーは4番手となったが、その後ジャンピングスタートによりドライブスルー・ペナルティが科せられ表彰台争いから脱落することとなった。

ローブ、ロペスの2台は3位以下を引き離すが、激しさを増した雨によりコンディションが悪化。5周終了時点でセーフティカーが導入された。その後4周にわたりセーフティカー先導での周回が続きましたが状況はさらに悪化し、レースはそのまま終了となった。

ローブは今季2勝目を挙げ、ロペスが2位となりシトロエン C-Elysée WTCCが1−2フィニッシュを飾った。ペナルティにより大きく順位を下げたミューラーは、追い上げをみせて10位入賞を果たした。

その後スロバキアリンクは激しい雨と風に見舞われ、危険なコンディションと判断した主催者はレース2をキャンセルする決定を下した。

シトロエン C-Elysée WTCCは開幕来4大会連続で勝利を収め、マニュファクチャラーズ選手権でポイントを獲得し首位を独走している。ドライバーズ選手権でも1位ロペス、2位ローブ、3位ミューラーと上位独占状態である。

シトロエンレ―シング ドライバーコメント

■セバスチャン・ローブ

「最高のスタートを切ることができ、第1コーナーまでにトップに立ちました。視界は私が一番良かったので、アタックして少し差を広げることができました。今回の優勝で貴重なポイントを獲得でき、自信も高まりました」

■ホセ‐マリア・ロペス

「スタートはうまくいきませんでした。これが私の弱点なので、克服するために努力しなければなりません。しかし、このようなコンディションの中で2位になれたのはいい結果です」

■イヴァン・ミューラー

「スタートでミスをしてしまいました。マシンが1メートル前に進んだので一度停止し、赤ランプが消えてから再び走り出しました。ペナルティを受けることは承知していましたから、それまでアタックはしませんでした」

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

シトロエン の関連記事

シトロエンの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

シトロエン の関連記事をもっと見る

シトロエン の関連ニュース

シトロエン 新車人気ランキング  集計期間:2017/7/24~2017/8/24