autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース スーパーGT 第2戦 富士、いよいよ今週末に迫る

自動車ニュース 2014/4/30 11:16

スーパーGT 第2戦 富士、いよいよ今週末に迫る

Rd.2富士で各クラスのGTデビューとなるドライバーが登場

写真はスーパーGT 第1戦 岡山 GT300k レース スタート時

ゴールデンウィークの風物詩ともなったスーパーGT富士ラウンドが、2014年も5月3日・4日に富士スピードウェイで開催される。GT500クラスは15台、GT300クラスは24台の計39台がエントリーし、レース距離が500Kmとシリーズの中でも2番目に長いことから、耐久戦での各チーム戦略が大きく勝利を左右していく。

GT500クラスの36号車『PETRONAS TOM’S RC F』には、FIA 世界耐久選手権(WEC)第2戦に参戦するため今大会を欠場する中嶋一貴に代わり、GT500クラス初参戦となる平川亮が出場し注目が集まっている。

一方、GT300クラスでは、耐久戦ならではの第3ドライバーとしてエントリーする鶴田和弥、飯田太陽、ナニン・インドラ・パユーング、藤田竜樹もそれぞれスーパーGTデビュー戦となり、期待が高まる。

なお、2014年シリーズの開幕戦は、4月6日岡山国際サーキットで行われ「#37 KeePer TOM’S RC F」(伊藤大輔/アンドレア・カルダレッリ組) が逆転で優勝となった。勢いのあるレクサス勢がホームコース富士で表彰台を独占するのか、テストで好調なGT-R勢が反撃を繰り出すのか、はたまたホンダが意地を見せるのか、見応えのあるレースになること間違いない。

◎関連記事

■日産勢、「スーパーGT 第2戦 富士」必勝態勢で挑む

■スーパーGT2014、開幕戦はレクサスが優勝

■スーパーGT開幕戦、星野監督率いるカルソニックが3位

WEC 第5戦富士に向けたイベントも開催

2014 スーパーGT 第2戦富士/富士スタンプラリーチャレンジ台紙

イベントは、毎年恒例のドライバーと間近に触れ合えるピットウォークや子供向けの各種遊具が揃うキッズスクエア、GTキッズカート体験をはじめ、開催期間中ファミリーからレースファンまで楽しめる様々なプログラムを場内各所で実施するほか、予選日には新型のGT500車両を間近で見られるオープンピットを実施する。

また、FIA 世界耐久選手権(WEC)第5戦 富士6時間耐久レースの特設ブースでは、ドライバーへの応援メッセージ受付や今シーズン開幕戦のダイジェスト放送も行う他、WEC 第5戦の特別割引観戦券(トヨタレーシング応援席 7,800円、大人7,000円、大人ペア券12,900円<税込>)を購入した方には、応援メッセージを記入した旗をWEC 第5戦 富士6時間耐久レースで直接ドライバーへ手渡せるなどの各種抽選特典が付与される。

公式プログラム発売

2014 スーパーGT 第2戦富士/公式プログラム表紙

そして、場内にて販売する公式プログラムは、富士スタンプラリーチャレンジのスタンプ台紙がついており、場内各所にあるスタンプを集めると、豪華商品が当たるチャンスがある他、レースプレビューや車両解説、今大会が3人揃って初登場となる第9期富士スピードウェイイメージガール「クレインズ」の特集企画ページを含む全104ページと、盛り沢山な内容となっている。

前売り券

前売り一般観戦券は5月2日(金)まで全国の各コンビニエンスストア、プレイガイドにて販売中で、中学生以下は保護者同伴に限り無料。(大人5,700円<税込>、大人ペア券10,300円<税込>)

また、5月3日(土・祝)からは当日券を東西入場ゲートで販売する(大人6,700円<税込>)。

富士スピードウェイ公式サイト:http://www.fsw.tv/freepage/895/

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

レクサス の関連記事

レクサスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

レクサス の関連記事をもっと見る

レクサス の関連ニュース

レクサス 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/26~2017/7/26

  • レクサス
    RX

    新車価格

    495万円742.5万円

  • レクサス
    CT

    新車価格

    366.2万円460.8万円

  • レクサス
    NX

    新車価格

    428万円582万円