autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース マツダ、「ロードスター」25周年特別仕様車をニューヨークモーターショーで公開

自動車ニュース 2014/4/16 17:20

マツダ、「ロードスター」25周年特別仕様車をニューヨークモーターショーで公開

新開発シャシーも初公開

Mazda MX-5(ロードスター) Miata 25th Anniversary Edition(米国仕様車)
Mazda MX-5(ロードスター) Miata 25th Anniversary Edition(米国仕様車)Mazda MX-5(ロードスター) Miata 25th Anniversary Edition(米国仕様車)

マツダは16日、「Mazda MX-5(日本名:マツダロードスター)」の誕生25周年を記念した特別仕様車『Mazda MX-5 Miata 25th Anniversary Edition』を、「ニューヨーク国際自動車ショー」において世界初公開し、「MX-5」の次期モデルに採用する新開発「SKYACTIV(スカイアクティブ)シャシー」も初めて公開すると発表した。

「MX-5」は、「走る歓び」を訴求するマツダのクルマづくりを象徴するクルマで、1989年の発売以来、ライトウェイトスポーツカー特有の“Fun(楽しさ)”を一貫して提供することにより、国や文化、世代を超えた様々なユーザーから支持を得ている。累計生産台数は94万台を超え、「2人乗り小型オープンスポーツカー販売台数世界一(90万台以上)」として、ギネス世界記録に認定されている。

今回公開する『Mazda MX-5 Miata 25th Anniversary Edition』は、「MX-5」がユーザーとともに共有してきた25年分の“Fun”を集約させた特別仕様車で、電動ルーフを採用した「パワーリトラクタブルハードトップ車(6MTおよび6AT)」をベースに、ソウルレッドプレミアムメタリックの外板色、ルーフ・Aピラー・ドアミラーのブラック塗装、オフホワイトのレザーシートおよびドアトリム、手塗り仕上げのインテリア装飾パネル、ビルシュタイン社製ダンパー等を採用、各部に「こだわり」を反映した仕様となっている。

Mazda MX-5(ロードスター) Miata 25th Anniversary Edition(米国仕様車)
次期「Mazda MX-5」に採用する新開発「SKYACTIVシャシー」

また、次期「MX-5」に採用する新開発「SKYACTIVシャシー」も、同時に公開される。この展示は、エンジンとシャシーを組み合せたものであり、SKYACTIV搭載車初となるフロントミッドシップエンジンと後輪駆動のレイアウトを示している。歴代MX-5の中で最もコンパクトなレイアウトを実現しながら、エンジンをさらに中央寄りに配置するとともに、低重心化を図っており、優れた剛性・衝突安全性能を確保しながら、車両重量は現行モデル比で100kg以上の軽量化を目指しているという。

マツダの代表取締役会長 山内 孝氏は、「MX-5の原点となるコンセプトは、ライトウェイトスポーツカーならではの楽しさ、すなわちドライバーの意のままにクルマが動く楽しさを提供することです。我々はMX-5がデビューしてから25年間にわたり、年々高まる環境・安全性能への要請に応えつつ、ライトウェイトスポーツカーの「楽しさ」を継承し続けるために常に進化を超えて革新に挑んで参りました。つまり、MX-5の25年間は、『守るために変えていく』歴史であったと言えるでしょう。」と述べている。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

マツダ ロードスター の関連記事

マツダ ロードスターの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マツダ ロードスター の関連記事をもっと見る

マツダ ロードスター の関連ニュース

マツダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/11/17~2017/12/17