autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース トヨタ、小型車用高効率・低燃費ガソリンエンジンラインナップを新開発~ハイブリッド車の技術を投入~

自動車ニュース 2014/4/10 12:15

トヨタ、小型車用高効率・低燃費ガソリンエンジンラインナップを新開発~ハイブリッド車の技術を投入~

間もなくマイナーチェンジ予定のヴィッツやパッソに搭載か

トヨタ ヴィッツ(※写真は現行モデル)トヨタ パッソ(※写真は現行モデル)

トヨタは4月10日、近日マイナーチェンジを予定する小型車などに、高熱効率を実現する新開発の1.3リッター及び1.0リッターの低燃費ガソリンエンジンを搭載することを発表した。具体的な車種名の発表はないが、「ヴィッツ」や「パッソ」「ラクティス」などのコンパクトカーと思われる。トヨタが長年に渡り世界をリードするハイブリッドカー用エンジンに採用されていたアトキンソンサイクルを採用したほか、高圧縮比(13.5)を実現するなど意欲的な内容となっており、従来型に比べ15~30%もの燃費改善も図られる。

なおこの新エンジンシリーズは2015年までに世界で合計14機種開発され、順次導入される予定だ。

トヨタでは、ハイブリッドカーの先駆者として、ハイブリッド専用エンジンで培ってきた燃焼改良と損失低減技術を生かし、最大熱効率を大幅に向上させた低燃費エンジンをラインアップすることで、ガソリンエンジン分野においても、他社に負けない高い環境性能を獲得していく。

1.3リッターガソリンエンジンにもアトキンソンサイクルを採用

トヨタ 新開発1.3リッター ガソリンエンジントヨタ 新開発1.3リッター ガソリンエンジン 4-2-1排気管

今回、トヨタが新たに開発・改良中の高熱効率・低燃費エンジン群は、世界トップレベルのエンジン最大熱効率※1を達成し、従来型比で10%以上[JC08走行モード燃費]の燃費向上を目指す。

まず4気筒 1.3リッターガソリンエンジンでは、これまでハイブリッド専用エンジンに採用してきたアトキンソンサイクル※2を搭載するとともに、高圧縮比化(13.5)することで膨張比を上げ排熱を抑制。また、シリンダー内に強いタンブル流(縦回転の混合気の流れ)を生成する新形状の吸気ポートにより燃焼効率を高め、さらにクールドEGR(排出ガス再循環システム)、電動連続可変バルブタイミング機構(VVT-iE)、4-2-1排気管などにより燃焼改善と損失低減を追求することで、量産ガソリンエンジンとしては世界トップレベルの最大熱効率38%を達成した。

この新開発1.3リッターガソリンエンジン搭載車はアイドリングストップ機能などとあいまって、従来型に対して約15%[JC08モード走行燃費]の燃費向上を実現する。

ダイハツ共同開発の1.0リッターエンジンは最大約30%の燃費改善

ダイハツと共同開発される3気筒 1.0リッターガソリンエンジン

またダイハツと共同開発される3気筒 1.0リッターガソリンエンジンでは、タンブル流を生成する新形状の吸気ポート、クールドEGR、高圧縮比化などにより。最大熱効率37%を達成させた。

新開発1.0リッターエンジン搭載車の場合、アイドリングストップ機能や、さまざまな低燃費技術とあいまって、従来型に比べ最大約30%[JC08走行モード燃費]もの燃費向上を実現する。

トヨタ新開発エンジン タンブル(縦渦)トヨタ ラクティス(※写真は現行モデル)

※1「熱効率」:エンジンなどのエネルギー効率を数値化したもので、燃料を燃やすことで生じた熱エネルギーのうち有効な仕事に変換された割合で、熱効率が高いほど燃料消費は少なくなる。

※2「アトキンソンサイクル」:圧縮比よりも膨張比を大きくして熱効率を改善し燃費を向上させる燃焼サイクル

トヨタ ヴィッツ 関連ページ

トヨタ パッソ 関連ページ

トヨタ ラクティス 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ ヴィッツ の関連記事

トヨタ ヴィッツの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ ヴィッツ の関連記事をもっと見る

トヨタ ヴィッツ の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/26~2017/9/26