autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 日産 スカイライン『21世紀のスカイライン』【ピックアップ!カーソムリエレポート】

自動車ニュース 2014/4/8 18:15

日産 スカイライン『21世紀のスカイライン』【ピックアップ!カーソムリエレポート】

【カーソムリエレポートって何?】

カーソムリエ検定に合格した『カーソムリエ』が、話題のクルマを実際に試乗して書いたレポート。それがカーソムリエレポートです。

本日は日産 スカイラインのレポートをピックアップしてお届けいたします!

▼『21世紀のスカイライン』(カーソムリエ LEXUS ISF オーナーさん)

▼『欧州高級車を徹底的にベンチマークしている』(カーソムリエ Kaida Shawn Shotaroさん)

★★日産 スカイラインの他の試乗レポートはコチラ★★

日産 スカイライン

日産の高級車ブランド「インフィニティ」の開発で培われた高い技術力、デザインの証として、車両にはインフィニティバッチを装着。パワートレインには日産独自の1モーター2クラッチ方式のハイブリッドシステム「インテリジェントデュアルクラッチコントロール」を全グレードに採用。システム最高出力268kW(364ps)の圧倒的な加速性能と18.4km/L(JC08モード)というクラストップレベルの燃費を両立させた。また、ステアリングの動きを電気信号に置き換えてタイヤを操舵する世界初のステアリングシステム「ダイレクトアダブティブステアリング」により、応答遅れのないシャープなハンドリング、意のままの走りと高い直進安定性による安心感をドライバーに提供する。

『21世紀のスカイライン』(カーソムリエ LEXUS ISF オーナーさん)

日産 スカイライン
日産 スカイライン日産 スカイライン

総合評価:3.3/5.0

外観デザイン:3.8/5.0

インテリア:3.1/5.0

走りやすさ:3.7/5.0

-オススメポイント-

350GTハイブリッドtype SPに雨の中試乗して来ました。

エクステリア

実車を目にして先ず、日本で国内展開していないインフィニティブランド&車名もQ50ではなくてスカイラインと明記されている現状には個人的に甚だ疑問です。上記の事を差し引いて実車を見ると、ボディサイズは大分大柄ですが、クラウンの様に野暮ったくは無く良くも悪くも引き締まったアスリートの様な筋肉質でシャープに感じました。ただリアデザインに関してはフーガに酷似しておりV36の方が好感が持てました。

インテリア

エルグランド&フーガもそうですが、日産独自のこれ見よがしのコテコテデザインは個人的には如何なものかと。

走行インプレッション

丁寧に大人しく走らせれば非常に静かに滑らかな走りをしますが、フラットアウトした際はレクサスGSハイブリッドと同様にモーターがターボのブーストをかけたような荒々しい加速をするのは想定内でしたがGSハイブリッドより速いかもしれません。注目のステアバイワイヤーシステムですが轍や雨の路面でもステアリングを取られる事無く非常に乗りやすかったです。

-乗る前と乗った後、クルマのイメージは同じでしたか?-

同じ。

-不満点-

インフィニティエンブレム

-運転後の感想-

ハイブリッドスポーツとしての走りはLEXUSブランドに負けないな。

日産 スカイライン日産 スカイライン日産 スカイライン日産 スカイライン日産 スカイライン

『欧州高級車を徹底的にベンチマークしている』(カーソムリエ Kaida Shawn Shotaroさん) 

日産 スカイライン
日産 スカイライン日産 スカイライン

総合評価:4.8/5.0

外観デザイン:5.0/5.0

インテリア:4.7/5.0

走りやすさ:4.7/5.0

-オススメポイント-

500万円オーバーのクルマだけに、デザインも質感も大変高いです。明らかにBMW5やAudi A6を意識したことが予想されます。ただインテリアはBMW、Audiが水平方向にデザインされているのに比べ、どちらかというと垂直方向にデザインされており、よくも悪くも普通価格帯の乗用車っぽいところが、ターゲットユーザーに受け入れられるか疑問です。ただ2画面ナビは大変使いやすく、横長画面よりも実用性が高いです。走りですが、ハイブリッドを燃費のためだけでなく、走りのためにも積極活用している感じで好感が持てます。

-乗る前と乗った後、クルマのイメージは同じでしたか?-

違った。

理由:ステアリング・バイ・ワイヤの感覚は、予想外でした。要チェックです。

-不満点-

ステアリングの感覚がどうもおかしいので、聞いてみるとステアリング・バイ・ワイヤ、平たく言えばハンドルの操作量をデジタル化して、シャフトに伝えているとのこと。どこか馴染めない違和感を感じました。世界初の技術らしいので、まだこなれていないのでしょうか。試乗して確認することをおすすめします。

-運転後の感想-

さすが500万円オーバーだけに、素敵なクルマです。欧州車に対抗できるクオリティを表現するためには、Infinitiブランドを使ったほうが有利だと判断したのでしょう(実際輸入車を買う人がターゲットでしょうし、輸入車を考える人ならInfinitiを知っている可能性も高いでしょう)。ただ欧州高級車の洗練されたインテリアデザインには、まだ追いつけていない気がします。比較されたら訴求力が若干弱いかなと思いました。

日産 スカイライン日産 スカイライン日産 スカイライン日産 スカイライン日産 スカイライン

あなたもカーソムリエになりませんか?

★★どなたでもカーソムリエになれます★★

会員登録のうえ、「カーソムリエ検定」に合格すれば、「カーソムリエ」の資格が認定されます。カーソムリエ検定は、自動車に関する様々な知識を問うクイズ形式の検定試験です。お使いのスマートフォンもしくはパソコンから、1回5~10分程度で受検することができ、何度でも挑戦できます。

我こそはカーソムリエにという方は、コチラまで。

★★「Amazonギフトキャンペーン」を実施中★★

レポート1投稿につき、“もれなく”Amazonギフト「500円」分をプレゼント!複数車種のレポート投稿もOKなので、Amazonギフトを沢山貰えるチャンス!

詳細についてはコチラよりご確認下さい。

日産 スカイライン 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 スカイライン の関連記事

日産 スカイラインの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 スカイライン の関連記事をもっと見る

日産 スカイライン の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/22~2017/11/22