autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース プジョー、25年ぶりにダカールラリーへ復帰

自動車ニュース 2014/3/27 15:35

プジョー、25年ぶりにダカールラリーへ復帰

プジョー「2008 DKR」/2015ダカールラリー左:Carlos Sainz (カルロス・サインツ) 右:Cyril Despres (シリル・デプレ)Carlos Sainz (カルロス・サインツ)Cyril Despres (シリル・デプレ)

プジョーは、新マシン「2008 DKR」を投入し、2015年シリーズのダカールラリーに復帰すると発表した。世界で最も長い1万キロの過酷なラリーの参戦ドライバーは、2010年にダカールを制したカルロス・サインツ、そして輪部門でダカールを5回制しているシリル・デプレを起用した。両ドライバーは、208 T16 Pikes Peak(パイクスピーク)を開発したスタッフとともに、ダカールラリーに向けたマシンの開発に意欲を高めている。

プジョー・スポール、レッドブル、トタルは再びタッグを組み25年ぶりに同レースに参戦することとなった。米国コロラドの高地における過酷な挑戦に続き、活動を北米からさらに広げることを決断し、世界で最も過酷なクロスカントリーへと到達させた。

ダカールラリーでは、プジョーチームが1987年から1990年にかけて4連覇を打ち立て、205 T16 Grand Raid(グラン・レイド)から405 T16 Grand Raidへと引き継がれた。そして、最後の参戦から四半世紀を経て、チーム・プジョー・トタルはこのチャレンジに、新たなマシン、「2008 DKR」で挑むこととなる。

なお、新しいマシン「2008 DKR」についての詳細は、4月20日の北京モーターショーで発表する予定。

◎関連記事

■プジョー 2008(新型クロスオーバー) 国内試乗レポート/森口将之

プジョーブランド マキシム・ピカ CEOのコメント

「2013年のパイクスピークでの優勝は、プジョー・スポールがトタル、レッドブルとの協力で成果を挙げる可能性を示した特別な瞬間でした。あの優勝が今後のモータースポーツプログラムを計画するきっかけとなり、導き出されたのがダカールラリーへの復帰だったのです。今回は複数年にわたり関与していく予定です。新たなマシンのベースに『プジョー 2008』を選んだのは、最新のクロスオーバーモデルとして知られているためであり、『2008 DKR』の開発は私たちにとって明確な選択でした。ダカールラリーが非常にチャレンジングなイベントであることは承知していますが、最初の参戦となる2015年ではこのマシンで優勝を目指します。」

プジョー 2008 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

プジョー 2008 の関連記事

プジョー 2008の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

プジョー 2008 の関連記事をもっと見る

プジョー 2008 の関連ニュース

プジョー 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/24~2017/9/24

  • プジョー
    208

    新車価格

    199万円368.7万円

  • プジョー

    新車価格

    263万円285万円

  • プジョー

    新車価格

    357万円429万円