autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース Bose最新サウンドシステムが新型コルベットに標準装備

自動車ニュース 2014/3/25 16:20

Bose最新サウンドシステムが新型コルベットに標準装備

シボレー 新型コルベット

ゼネラルモーターズジャパンから4月12日に発売される、シボレー新型「コルベット」に、『Boseセンターポイントサラウンドサウンドシステム』が標準装備として採用された。

新型コルベットは、レースの経験を基に開発されたハイパフォーマンススポーツカーで、最先端技術と息を飲むようなデザイン、圧倒されるほどの走行性能を備えた第7世代のシボレーコルベットである。

■関連記事:シボレー、第7世代の新型「コルベット」を発表

今回採用されたBoseサウンドシステムは、ジェット戦闘機のキャビンをイメージして刷新されたコックピットとインテリアを考慮してスピーカーレイアウトを専用に設計すると同時に、それ専用に最適な音響チューニングを施している。

また、ハイスピードで走行した際にも走行ノイズの影響を軽減して音楽再生をベストな状態に保つ「AUDIOPILOTTM2」や、驚きの臨場感を生み出すBoseのバーチャルサラウンド機能「Centerpoint 2」も搭載している。

新型コルベットが誇る最新のV8エンジンの走りにも適った、ロックコンサートの臨場感を再現するような、パワフルなサウンドシステムが完成した。

主な特長

1.10スピーカー、8チャンネルのサウンドシステム

迫力ある低音をサポートするフロントドア左右の25.5cmウーファーやトランク内に搭載した20cm Ndウーファー内蔵14リッターベースボックス、広がりのあるサウンドステージを実現するダッシュボード中央とドア左右の8cm中高音域ネオジウムスピーカーTwiddler、リアサイドパネル左右の13cmのフルレンジネオジウムスピーカー、またクリアな高音をサポートするダッシュボード左右の2.5cmツイーターなど、新型コルベットの車室内に最適に配置された10スピーカーを8EQチャンネルで駆動する。さらにコルベット専用に音響チューニングを施し、3つのEQ設定(運転席、後席、前席)から好みのEQモードを選択することができる。

2.Centerpoint 2バーチャル・サラウンド機能を搭載

Bose独自のDSP技術Centerpoint 2により、ステレオ(2ch)音源もバーチャル・サラウンドに変換して再生し、いつものお気に入りの楽曲がいっそうライブ感溢れる立体的な音で楽しむことができる。また、車載オーディオ専用に開発され進化した信号処理アルゴリズムにより音源の選択肢が広がり、従来のCDに加え、ラジオ、MP3などのスマートフォンに録音された圧縮音源などにも対応している。

3.AUDIOPOLOTTM2走行ノイズ補償システムを搭載

車外からの走行ノイズによって影響を受けやすい低音域を中心に、リアルタイムで音楽再生を自動補正。車室内に設置されたマイクが常に走行ノイズをモニターし、トンネル内など車室に進入するノイズレベルが上昇した場合でも、音楽のボリュームをご自身で調整することなく、自動調整された音量で心地よく楽しむことが出来る。AUDIOPILOT 2は、走行時のさまざまな状況に合わせたより自然な音楽補正を可能にした。

シボレー コルベット 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

シボレー コルベット の関連記事

シボレー コルベットの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

シボレー コルベット の関連記事をもっと見る

シボレー コルベット の関連ニュース

シボレー 新車人気ランキング  集計期間:2017/7/20~2017/8/20