autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース フォルクスワーゲン、世界ラリー選手権(WRC)3連勝!~セバスチャン・オジェ今季二度目の優勝~

自動車ニュース 2014/3/12 16:44

フォルクスワーゲン、世界ラリー選手権(WRC)3連勝!~セバスチャン・オジェ今季二度目の優勝~

第3戦「ラリー・メキシコ」で今季2度目の1-2フィニッシュ

フォルクスワーゲン/世界ラリー選手権(WRC)第3戦メキシコ

フォルクスワーゲンは、自動車レース(ラリー)の最高峰「FIA世界ラリー選手権(通称:WRC)」の第3戦「ラリー・メキシコ」に市販車をベースとした3台の「ポロ R WRC」で参戦、フランス人のセバスチャンオジェ選手が優勝、フィンランド人のヤリ‐マティラトバラ選手が2位となり、フォルクスワーゲンは前戦に引き続き1-2位を独占した。オジェ選手はこれで今季2度目の勝利、そしてチームは負けなしの3連勝という素晴らしい結果を得ることとなった。

3月6日(木)に開幕した「ラリー・メキシコ」は、メキシコ中部の都市レオンを起点として開催される今年初の「グラベル(未舗装路)ラリー」。競技区間(スペシャルステージ、通称:SS)が2000m前後の高地で行なわれること、空気中の酸素濃度が薄いためエンジン出力が低下することなどが特徴のラリーで、2013年大会ではオジェ選手が勝利を挙げた。また、40~50km近い長距離SSが設定されており、クルーや「ポロ R WRC」にとっても厳しい戦いが予想された。

6日夜、世界遺産でもあるグアナファトに作られた特設コースで「ラリー・メキシコ」は開幕。ここでトップタイムを獲得したのはオジェ選手。ミケルセン選手は3番手、ラトバラ選手も5番手につけるなど、チームは順調なスタートを切った。翌7日(金)からの本格的な競技では、オジェ選手が一時トップの座を明け渡すが、すぐに逆転、ライバルを寄せつけない速さで競技2日目を堂々の首位で終え。ラトバラ選手も上位タイムを並べ総合3番手を堅持。一方のミケルセン選手は44.03kmのSS3でコースアウトを喫しリタイア、翌日に再出走することを決めた。

フォルクスワーゲン/世界ラリー選手権(WRC)第3戦メキシコ

8日(土)の競技3日目、この日最初のSS12で総合2番手のライバルがマシンを破損し、リタイアを決めたことでラトバラ選手は総合2番手に浮上。フォルクスワーゲン・モータースポーツは早くも1-2体制となった。しかしオジェ選手は手綱を緩めず、この日設定された7つのSS中5つでベストタイムを獲得し、後続との差を広げにかかった。ラトバラ選手を従えて、総合3番手以下に4分以上の大きなリードを築き上げていった。一方、再出走を果たしたミケルセン選手はこの日の序盤、SS13で「ポロ R WRC」を横転させてしまい、再び戦線離脱の憂き目に遭うこととなった。

そして競技最終日の9日(日)に設定されたSSの中には大会最長となる55.93kmという長距離SSがあった。首位のオジェ選手は危なげなくステージをこなし、ボーナスポイントのつく最終SSの「パワーステージ」できっちりトップタイムを獲得し、3点を加算することに成功。ラトバラ選手もこの「パワーステージ」を2番手タイムで走り、2点を得ている。最終的にフォルクスワーゲンの2台は全22本のSSのうち16本のSSでトップタイムを獲得する速さを見せた。

この結果によりフォルクスワーゲン・モータースポーツは今季負けなしの3連勝を獲得。チームランキングでも2番手に50点以上の差をつけてトップを維持、王座防衛に向けて着々と歩みを進めている。また、ドライバーズランキングもオジェ選手が首位、3点差の2番手にラトバラ選手、4番手にミケルセン選手と、揺るぎない強さを発揮している。

次戦は4月3日(木)からスタートする第4戦「ラリー・ポルトガル」。天候によって大きく路面コンディションに差が出るグラベルラリーで、首都リスボンでのステージも行なわれる予定となっている。

フォルクスワーゲン/世界ラリー選手権(WRC)第3戦メキシコ

フォルクスワーゲンモータースポーツディレクター:ヨーストカピート氏のコメント

「困難な状況のなか、また新たな出走順規定のなかで1-2位を独占できたことは予想以上の結果でした。オジェ選手、ラトバラ選手、そして我々のエンジニアたちの頑張りには脱帽する思いです。ふたりの速さは疑う余地もありませんし、また、この勝利はチーム力の賜物でもあります。シャシー部門、エンジン部門などが協力して、ポロ R WRCを難しいコンディションに合わせた準備を進めてきたからです。また、このラリー・メキシコは我々フォルクスワーゲンにとって第二のホームイベントとも言えるでしょう。シャンパンの味わいもまた格別に感じられます」

#1:セバスチャンオジェ選手のコメント【最終結果:総合1位】

「メキシコは我々にとって素晴らしい国です!2008年のジュニアWRCで初勝利を飾ったのもメキシコですし、昨年はフォルクスワーゲンで初めて総合優勝しました。そして今、私は再び優勝することができました。チームは素晴らしい仕事をしてくれましたし、ポロ R WRCも完璧に応えてくれました。スウェーデンを自分のミスで台無しにしてしまっただけに、勝利を待ち焦がれていたんです。ここでの優勝とパワーステージでの得点は選手権を考えた時、非常に大きな意味を持ってくるはずです」

#2:ヤリ‐マティラトバラ選手のコメント【最終結果:総合2位】

「2位という結果は非常にうれしいです。スタートで先頭走者になった時から、ここでの目標をポディウム獲得に据えていました。ラリー・メキシコは非常に厳しいラリーですが、そこを我々のポロ R WRCは難なく走り切り、チームも完璧に機能していました。あらためてお礼を言いたいですね。大きなミスもなく、今回のラリーは私とミーカ(アンティラ)にとって最高のラリー・メキシコだったと思います。次のポルトガルでは先頭走者ではなくなるので、チームメイトと遜色ない走りを見せられると思います」

FIA 世界ラリー選手権 第 3 戦ラリーメキシコ 最終結果

1位:セバスチャン オジェ/ジュリアン イングラシア(フォルクスワーゲン) 4 時間 27 分 41 秒 8

2位:ヤリ‐マティ ラトバラ/ミーカ アンティラ(フォルクスワーゲン) +1 分 12 秒 6

3位:ティエリー ヌービル/ニコラ ジルソウル(ヒュンダイ) +5 分 28 秒 6

19位:アンドレアス ミケルセン/ミッコ マルックラ(フォルクスワーゲン) +1 時間 5 分 56 秒 8

※2 位以下は、11位とのタイム差

フォルクスワーゲン/世界ラリー選手権(WRC)第3戦メキシコ

フォルクスワーゲン ポロ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フォルクスワーゲン ポロ の関連記事

フォルクスワーゲン ポロの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォルクスワーゲン ポロ の関連記事をもっと見る

フォルクスワーゲン ポロ の関連ニュース

フォルクスワーゲン 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/24~2017/11/24

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    249.9万円599.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    199.9万円337.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    239.9万円349.9万円