autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース ホンダ、メキシコ新四輪車工場が稼働開始

自動車ニュース 2014/2/24 11:46

ホンダ、メキシコ新四輪車工場が稼働開始

関連: ホンダ
ホンダ副社長 岩村哲夫氏、グアナファト州知事 ミゲル・マルケス・マルケス氏、メキシコ合衆国大統領エンリケ・ペニャ・ニエト氏、ホンダ社長 伊東孝紳氏、連邦政府経済大臣 イルデフォンソ・グアハルド・ビジャ外観/ホンダ メキシコ新四輪車工場組立外観/ホンダ メキシコ新四輪車工場ドアサブライン外観/ホンダ メキシコ新四輪車工場

ホンダのメキシコにおける二輪・四輪・汎用製品の生産販売会社であるホンダ・デ・メキシコ・エス・エー・デ・シー・ブイ(以下、HDM)は、グアナファト州セラヤ市近郊で、新四輪車工場である第二工場の稼働を開始し、これを記念した式典を開いた。メキシコ大統領をはじめとする連邦政府関係者や、地元関係者が訪れ、ホンダからは代表取締役社長執行役員の伊東孝紳氏などが出席した。

新工場のフル稼働時の年間生産能力は20万台で、これにより北米におけるホンダの年間四輪車生産能力は192万台に拡大する。

新工場は、今後さらなる需要の拡大が見込まれる小型車の生産に特化しており、メキシコを含む北米仕様の新型「フィット」を生産し、2014年後半にはスモールSUVの生産も開始する予定。さらに、グローバルの生産拠点の一つとして、その他の地域への供給も検討している。

また、ショートプロセス高機能塗装技術など埼玉製作所寄居工場の最新生産技術を導入するとともに、人の手によるもの造りの技術を最大限に活かした「『先進技術を用いた自動化』と『人の技術・技能』の融合による高い生産効率の実現」を図っている。さらに、メキシコの既存工場で積み重ねた現地オペレーションのノウハウやグローバル調達ネットワークの活用、部品の現地調達の拡大によって高品質な製品を求めやすい価格で届ける体制を築いている。そして、新工場では省エネルギー設備を導入し、グリーンファクトリーを実現している。

新工場への投資は約8億USドル(約816億円)、従業員数はフル稼働時で約3,200名を予定。2015年後半には、同じ敷地内に現在建設中の新トランスミッション工場が稼働を開始する予定で、メキシコ国内を含む北米地域での現地調達率を最大化して、さらなる高効率生産体制を確立する。これにより、海外初のエンジン、トランスミッション、完成車組立の一貫生産工場となる。

新四輪車工場と新トランスミッション工場を合わせると、総投資額は約12.7億USドル(約1,295億円)、従業員数は2016年10月時点で約4,700名となる見込みである。

新工場での新型「フィット」生産開始により、ホンダはサブコンパクトカーからライトトラックまで、北米で販売する主要クラスの基幹車種を北米地域内で生産することになる。これによって、北米における事業基盤のさらなる強化を図っていくとしている。

<ホンダ代表取締役 伊東孝紳社長のコメント>

ホンダ社長 伊東孝紳氏

「メキシコでの事業拡大は、『地球的視野に立ち、世界中の顧客の満足のために、質の高い商品を適正な価格で供給することに全力を尽くす』というHondaの社是に基づいています。ここセラヤでも、この本質的価値観を実践しています。我々は高品質、高効率に対する取り組みと、お客様の喜びを創造することを最も重視しています」

【新四輪車工場概要】

鳥瞰図外観/ホンダ メキシコ新四輪車工場

所在地:グアナファト州セラヤ市(メキシコシティーから北西に約250km、既存工場があるハリスコ州エルサルト市の東に約340km)

事業内容:四輪完成車およびエンジンの生産

生産能力:20万台(フル稼働時)

投資額:約8億USドル

新規雇用人数:約3,200人(フル稼働時)

生産機種:フィット、スモールSUV

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ホンダ の関連記事

ホンダの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ の関連記事をもっと見る

ホンダ の関連ニュース

ホンダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/9/18~2017/10/18