autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース スバル、2014年モータースポーツ活動計画について

自動車ニュース 2014/1/14 11:31

スバル、2014年モータースポーツ活動計画について

2014年ニュルブルクリンク24時間耐久レース参戦予定車(ベース車:新型WRX STI)

富士重工業と同社のモータースポーツ統括会社であるスバルテクニカインターナショナル株式会社(以下、STI)は、東京オートサロン2014 with NAPACにおいて、新型WRX STIをベースとした2014年ニュルブルクリンク24時間耐久レース参戦車を世界初公開すると共に、SUBARU モータースポーツ活動についての概要を発表した。

ニュルブルクリンク24時間耐久レース

2008年から7年連続の出場となるニュルブルクリンク24時間耐久レース(ドイツ、6月19日~22日)に、米国デトロイトにて開催される2014年北米国際自動車ショーで発表予定の新型WRX STIをベースとした新型車で出場する。

新型車での出場に伴い、富士重工業とSTIの連携を一層強化し、より高い競争力を発揮するレース車両を開発。速さと安定感を兼ね備えた高い性能を求められるニュルブルクリンク24時間耐久レースで、2012年に続く3度目のクラス優勝を目指すことにより、スバルが追求する安心で愉しいクルマづくりを実証していく。

車両開発およびチーム運営を統括するSTI総監督は、引き続き辰己英治が務める。ドライバーには、昨年に続き、吉田寿博選手、佐々木孝太選手を起用し、さらに欧州のドライバー2名を加える予定。

SUPER GTシリーズ

昨シーズン8戦中5度のポールポジションを獲得し、クラス優勝も果たした2013年仕様車をベースに、更なる競争力向上を図った2014年仕様のSUBARU BRZ GT300で、シリーズ優勝を目指す。

チーム運営は、「R&D SPORT」が担当し、STI総監督には辰己英治が就任する。また、ドライバーには、継続起用となる佐々木孝太選手に加え、新たに井口卓人選手と契約し、新たな布陣で2014年シーズンに臨む。

FIA主催 国際ラリー選手権シリーズ

昨年に続き、FIA世界ラリー選手権のWRC-2クラスにスバル車で出場するエントラントを対象に、「SUBARUチャレンジアワード」を継続する。また、ヨーロッパラリー選手権(ERC)に参戦するドライバーへの支援についても、これまでと同様の支援を予定している。

SUBARU BRZ ワンメイクレースユーザーサポート

2013年にスタートしたTOYOTA 86/SUBARU BRZワンメイクレースの各イベントに、STIがサービスチームを派遣し、スバルユーザーのサポートを行う。

スバル インプレッサSTI 関連ページ

スバル BRZ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スバル インプレッサSTI の関連記事

スバル インプレッサSTIの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スバル インプレッサSTI の関連記事をもっと見る

スバル インプレッサSTI の関連ニュース

スバル 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/23~2017/11/23