autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース フォルクスワーゲン、11月度新車登録実績が過去最高の6,499台を記録

自動車ニュース 2013/12/5 13:23

フォルクスワーゲン、11月度新車登録実績が過去最高の6,499台を記録

フォルクスワーゲン グループ ジャパン(VGJ)は5日、11月度の新車登録台数が6,499台(前年同月比:+41.8%)となり、11月単月の実績としては、過去最高を記録したと発表した。前年同月比でのプラス成長は、昨年12月以来12ヶ月連続。また、1~11月期の実績は、59,551台(前年同期比:+17.7%)を達成し、同期間の実績としては、過去最高となり、12月を待たずして2012年度の年間実績(56,188台)を越えた。

11月度好調の要因のとしては、11月23日(土)に発表された『第34回 日本カー・オブ・ザ・イヤー』において、輸入車として史上初めて日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞した新型「ゴルフ」が引き続き好調を維持。11月度の登録実績は、デビュー以来過去最高となる実績(2,418台)となり、衰えない関心をユーザーから集めている。

また、昨年10月にデビューした「up!」では、初の限定車「black up!」、「white up!」を今年8月に導入。11月度では、TVCMなどのコミュニケーション活動を軸にした1周年キャンペーンを大々的に実施したこともあり、前年同月を上回る実績を示すと共に、全体の実績においても2割を占め、好調な実績の原動力となった。

さらに、11月には、7人乗りミニバンシリーズ「ゴルフトゥーラン」および「シャラン」の装備をグレードアップした特別限定車「ゴルフトゥーラン グレンツェン」、「シャラン グレンツェン」を導入し、ミニバンの特徴である機能的な空間を提供しつつも、フォルクスワーゲンのモデルらしい走行性能と燃費性能に優れた両モデルが、ファミリー層を中心に支持を集めている。

現在VGJでは、年間過去最高の登録実績の達成に向け現在の好調を維持すべく、12月末日までの期間限定で「up!」、「ポロ」、「The Beetle」に10万円の購入サポートと残価設定型ローン「ソリューションズ」に特別低金利(1.99%)を設定するパッケージを提供している。

輸入車として史上初めて日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞した新型「ゴルフ」新型ゴルフup!ゴルフ トゥーランシャラン

フォルクスワーゲン ゴルフ 関連ページ

フォルクスワーゲン up! 関連ページ

フォルクスワーゲン ゴルフトゥーラン 関連ページ

フォルクスワーゲン シャラン 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フォルクスワーゲン ゴルフ の関連記事

フォルクスワーゲン ゴルフの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォルクスワーゲン ゴルフ の関連記事をもっと見る

フォルクスワーゲン ゴルフ の関連ニュース

フォルクスワーゲン 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/23~2017/7/23

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    249.9万円559.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    199.9万円337.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    234.9万円345.9万円