autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース NITTO、「SEMA Show 2013」に出展 ~会場の様子をライブで世界に発信する「Live from SEMA」を実施~

自動車ニュース 2013/11/5 16:30

NITTO、「SEMA Show 2013」に出展 ~会場の様子をライブで世界に発信する「Live from SEMA」を実施~

NITTO「SEMA Show 2013」に出展

東洋ゴム工業の米国タイヤ販売子会社であるNitto Tire U.S.A. Inc.は、11月5日(火)から11月8日(金)までの4日間、米国ネバタ州ラスベガスで開催される、「SEMA Show 2013」に出展すると発表した。

※「SEMA Show」とは、毎年秋に米国自動車用品工業会(SEMA)が主催する世界最大級のアフターマーケットパーツのトレードショー。2,000社以上の自動車関連企業が出展し、新商品や最先端の技術に関するさまざまな情報を一挙に発表するため、最新のトレンドを掴む絶好の機会として人気が高く、世界各国から10万人以上の業界関係者やバイヤーの来場が見込まれている。

ブース概要

NITTO「SEMA Show 2013」に出展NITTO「SEMA Show 2013」に出展

NITTOブースでは、ブランドカラーであるシルバーを基調としたブースを採用し、高級で洗練されたイメージを演出。

CUV専用としてリリースする新商品「NT421Q」の展示をはじめ、同社人気商品である「INVO(インヴォ)」を装着した『Liberty Walk Ferrari 458i』が初公開される。その他、「NT05」を装着した『BMW M3』やオフロードレースカーも展示し、世界のステータスカーとともにNITTOブランドが持つ世界観を訴求する。ブース中央に設置する巨大ディスプレイでは、NTUがサポートするオフロードレースの躍動感あふれる動画も放映予定。

また、今年は斬新な初企画として、NITTOの強みであるソーシャルWeb技術を駆使したWebサイト「Live from SEMA」を実施。これによって、SEMA来場者が指定のハッシュタグ(#LivefromSEMA)をつけ、会場の様子や魅力的な車の画像をSNSに投稿すると「Live from SEMA」に自動的にキュレートされ、SEMAの様子をライブで世界のどこからでも見ることができる。さらに、この企画のユニークさは「世界からの画像リクエスト」を受け付けて双方向性を実現する。

来場できない方は、同ハッシュタグをつけた投稿で見たいエリアやブランド車をリクエストすると、会場にいる来場者が希望の写真を撮影しシェアしてもらえる。世界のどこからでもまるでその会場にいるかのような疑似体験ができるという。

「Live from SEMA」Web サイト:http://www.livefromSEMA

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!