autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース NEXCO中日本、「運転操作支援システム」を搭載した維持管理車両を開発・導入

自動車ニュース 2013/10/24 13:20

NEXCO中日本、「運転操作支援システム」を搭載した維持管理車両を開発・導入

中日本高速道路株式会社運転操作支援システムを搭載した維持管理車両

NEXCO中日本は、自動運転走行技術を活用した運転操作支援システムを、一般財団法人日本自動車研究所と共同で開発し、高速道路維持管理車両のトンネル照明灯具清掃車に導入したと発表した。運転操作支援システム搭載の維持管理車両は、日本で初めてとなる。

今回開発した自動運転走行技術を活用した運転操作支援システムは、車体前後に設置されたカメラが道路の白線を認識し、白線に沿って走るよう車両が自動でハンドル操作の補助を行なうというもの。

NEXCO中日本では、 この技術をトンネル照明灯具清掃車に導入することで、時速80kmで走行しながら、安全で正確な照明設備の清掃が可能となり、交通規制時間の短縮が期待できるとしている。

システムはすでに、テストコースでの走行試験はすでに終了しており、試験用自動車として国土交通大臣の認定を受けている。今後は関係機関と調整のうえ、11月から実際の高速道路上で試験走行し、走行データの収集・評価検証をおこなっていく予定。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!