autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース ブリヂストン「ドバイ国際モーターショー2013」に出展

自動車ニュース 2013/10/24 13:18

ブリヂストン「ドバイ国際モーターショー2013」に出展

ブリヂストン「ドバイ国際モーターショー2013」ブースイメージ

ブリヂストンは、2013年11月5日(火)から11月9日(土)まで、アラブ首長国連邦のドバイで開催される「ドバイ国際モーターショー」に出展するとともに、初めて同モーターショーの公式スポンサーを務めることを発表した。

今回のモーターショーでは、ブリヂストンがその環境活動において目指す、持続可能な社会の実現に向けたタイヤ将来技術について中近東アフリカ地域では初めて紹介することとなる。

展示内容

ブリヂストングループ 環境長期目標

1.「エアフリーコンセプト(非空気入りタイヤ)」

タイヤ側面に張り巡らせた特殊形状スポークで荷重を支えることにより、空気の充填が不要であり、パンクの心配がないタイヤの技術を紹介。さらに、このタイヤは100%再生利用可能な原材料を採用しており、地球上の資源を有効活用することを可能としている。

2.ハーフウェイトタイヤ技術

ブリヂストングループの「資源を大切に使う」ための取り組みであるハーフウェイトタイヤ技術、すなわち原材料使用量の半減を目標としたタイヤの技術を紹介。

3.ECOPIA with ologic(オロジック)

これまでのタイヤとは全く異なる狭幅・大径サイズのタイヤを紹介。狭幅・大径化に加え、新開発の専用パタン技術やコンパウンドを適用し、転がり抵抗を大幅に低減することでCO2排出量の削減に貢献する技術である。同時にウェットグリップ性能の向上も実現している。

他にも、ブリヂストンは「ブリヂストン4Dシアター」を設置し、3D映像や風、座席の振動などによって来場者の皆様に実際の路上を走る車に乗っているような体験をしながら、そのタイヤの性能を実感することができる。

ブリヂストンは、ドバイ国際モーターショーへの出展を通じて、その商品の魅力や高い技術力、そして将来を見据えた先進性を来場者に伝えていきたいと考えている。

<ブリヂストン ミドルイースト アンド アフリカ エフゼットイー(BSMEA)概要>

1.会社名:Bridgestone Middle East & Africa FZE.

2.所在地:アラブ首長国連邦 ドバイ ジュベル アリ フリーゾーン

3.事業概要:中近東・アフリカ地域の販売・マーケティング・事業管理等の業務を管轄する地域統括会社

4.代表者名:佐久間 章一

5.営業開始年月日:2006年10月1日

6.出資比率:株式会社ブリヂストン 100%

7.資本金:17百万AED(アラブ首長国連邦ディルハム)

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!