autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 日産、超小型モビリティを活用したワンウェイ型カーシェアリング「チョイモビ ヨコハマ」出発式を横浜市と実施

自動車ニュース 2013/10/10 14:00

日産、超小型モビリティを活用したワンウェイ型カーシェアリング「チョイモビ ヨコハマ」出発式を横浜市と実施

関連: 日産
日産ニューモビリティコンセプト

日産は10日(木)、超小型電気自動車(EV)「日産ニューモビリティコンセプト」によるワンウェイ型カーシェアリング、「チョイモビ ヨコハマ」の出発式を実施した。超小型モビリティによるワンウェイ型カーシェアリングは、日本で初めて。

プログラムは、横浜市との協働で実施する超小型モビリティが都市の人々の生活をどのように向上させることができるかを検証するプロジェクト。特徴は、「日産ニューモビリティコンセプト」を、借用した地点以外の場所にも返却できる、「ワンウェイ」型といった点。

さらに、超小型の「日産ニューモビリティコンセプト」は、交通渋滞を緩和させ、観光地やコミュニティへのアクセスを便利する。また、走行中の排気ガスがゼロであるため、混雑した市街地では最適の移動手段となっている。

利用希望者の会員登録手続きは既に、9月25日から開始しており、11日より利用可能となる。実施期間は約一年で、当初は30台で開始し、その後100台まで増やす予定。

横浜美術館前の「美術の広場」において行われた出発式には、横浜市から林文子 市長、国土交通省から内田 傑 関東運輸局次長、日立製作所から栗原 和浩 執行役常務、日産自動車から大谷俊明 常務執行役員が出席。約150名の来賓の方々が見守る中、30台の「日産ニューモビリティコンセプト」が、一斉に横浜の街に出発した。

日産 大谷俊明常務は、「日産自動車のEV、ゼロ・エミッションへの取り組みと、横浜市や多く関係者の方々の想いが一つとなり、日本初の超小型モビリティによる大規模カーシェアリングが実現したことを、大変嬉しく思います。国土交通省関東運輸局、横浜市、日立製作所を始め、全ての関係者の皆様にお礼を申し上げます。日産自動車のグローバル本社のあるこの横浜から、未来のモビリティのあり方を世界に提案していきたいと思います」と、コメント。

また、本カーシェアリングの第1号利用者となった、横浜市在住の佐橋加奈子さんは、「チョイモビは、小型で運転がし易そう。ワンウェイ型でステーションも色々な場所にあり、降りる場所も自由に選べることが嬉しいです。横浜は魅力的な場所やイベントが点在している街ですが、歩いて行くには少し遠いなあ、と思うときに、チョイモビはとても便利です。チョイモビを使うと、横浜を、もっともっと満喫できそうな気がします」と、コメントしている。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 の関連記事

日産の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 の関連記事をもっと見る

日産 の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/23~2017/9/23