autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 日産自動車、「NV200ニューヨーク市タクシー」の量産仕様車を日本で初公開

自動車ニュース 2013/10/9 16:30

日産自動車、「NV200ニューヨーク市タクシー」の量産仕様車を日本で初公開

NV200ニューヨーク市タクシー

日産は、10月末より米国ニューヨーク市にて、次世代イエローキャブとしての稼働を開始する「NV200ニューヨーク市タクシー」の量産仕様車を本日、日本国内で初公開した。

展示されたのは、東京・銀座の百貨店大手、松屋銀座本店の1階特設広場。

「NV200ニューヨーク市タクシー」は、同百貨店が10月9日より開始するフェア「ニューヨークウィーク」に連動させ、本日より15日までの一週間、同店が新規導入するニューヨークのファッションブランドとともに公開される。

日産の「NV200ニューヨーク市タクシー」の現地での稼働開始時期と、松屋銀座のニューヨーク関連新規ブランドの導入時期が丁度重なったことから、「ニューヨーク」を共通項として、日本国内への発信を協働で行うことで両社の思いが一致し、今回の異業種間での連携が実現した。

ビジネス、デイリーユース、レジャーなど、あらゆるシーンで幅広く使用できる新世代の小型商用車「NV200」は、ニューヨーク市による2年以上に及ぶ厳しい選考過程を経て、世界中の数々の競合車の中から、2011年5月に次世代のニューヨーク市タクシーとして選定された。

以降、ニューヨークモーターショーをはじめとする世界各地のモーターショーや、横浜にある日産のグローバル本社等にて、そのコンセプトモデルの公開を行ってきた傍ら、米国現地では、今秋の稼働開始に向け、ニューヨーク市やタクシー会社、ドライバー、利用客をはじめとする関係者との継続的な議論、および、それに基づく商品のさらなる改善を行い、10月末に現地で発売される。

なお、車両の生産は、メキシコの同社クエルナバカ工場にて、8月より開始している。

「NV200」は、日本、欧州、中国、米国をはじめとする世界40カ国以上で販売しており、ユーザーからは、その広い室内空間や燃費の良さ、優れた走行性能、魅力的なデザインなどが、高く評価されている。

2011年3月には、日本国内で先行してタクシーとしての販売を行っている「NV200バネットタクシー」が、ユニバーサルデザイン領域において最も権威のある賞の一つとされる「ユニバーサルデザイン賞」と「ユニバーサルデザイン コンシューマー・フェイバリット賞」の2つの賞を、自動車業界において初めて受賞している。

さらに、2012年3月には、国土交通省が認定する「標準仕様ユニバーサルデザインタクシー」の1号車に認定された。

日産 NV200バネット 関連ページ

日産 NV200バネットバン 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 NV200バネット の関連記事

日産 NV200バネットの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 NV200バネット の関連記事をもっと見る

日産 NV200バネット の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/7/21~2017/8/21