autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース ランドローバー レンジローバーイヴォーク “惚れてまうやろーっ!!!” 【ピックアップ!カーソムリエレポート】

自動車ニュース 2013/10/8 22:37

ランドローバー レンジローバーイヴォーク “惚れてまうやろーっ!!!” 【ピックアップ!カーソムリエレポート】

【カーソムリエ運営事務局からのお知らせ】

カーソムリエレポートがパソコンから閲覧出来るようになりました!コチラのURLよりご覧ください。

2013.10.8

本日のピックアップ!カーソムリエレポートは、「ランドローバー レンジローバーイヴォーク」、「フォード エクスプローラー」、「日産 エクストレイル」の3車種。

<ランドローバー レンジローバーイヴォーク> 惚れてまうやろーっ!!! / カーソムリエ torafuguさん

<フォード エクスプローラー> 惜しい! / カーソムリエ torafuguさん

<日産 エクストレイル> 遊び車 / カーソムリエ rendoru104さん

<ランドローバー レンジローバーイヴォーク> 惚れてまうやろーっ!!! / カーソムリエ torafuguさん

ランドローバー レンジローバーイヴォーク
ランドローバー レンジローバーイヴォークランドローバー レンジローバーイヴォーク

総合評価:4.5/5.0

外観デザイン:4.8/5.0

インテリア:4.4/5.0

走りやすさ:4.7/5.0

-オススメポイント-

衝撃のスタイリングという事で絶賛される外観についてはそれほど関心を惹かれなかったが、驚くべきはその内装!!正直内装に惚れたのは初めての経験。試乗車は白のレザーシートだったが、その質感は最高級で運転席と助手席の間のエアコンスイッチ下部の金属に刃紋のような模様が入り、更にはPerfume装置もついてるというオシャレぶり。後席も全面サンルーフによって頭上の狭さを完全にカバー。走りについても2トンを超えるエクスプローラーにも搭載されるエコブーストエンジンでスイスイ進む。完璧なモテ車です。

-乗る前と乗った後、クルマのイメージは同じでしたか?-

違った。

理由:外より中のほうがオシャレ!

-不満点-

ワイドな車幅と車内の狭さと後方視界と燃費。

-運転後の感想-

独身貴族は絶対買うべき。

●●編集部員コメント●●

2008年のデトロイトモーターショーで高い評価を得た、LRXコンセプトカーを製品化したコンパクトプレミアムSUV。ブランドの歴史において、最小・最軽量、高い燃費性能を獲得し、エントリーモデルの役割を担う。もちろんフルタイム4WDシステムなど、ブランドならではのさまざまな地形に応対する高い走破性は踏襲されている。

●●このクルマの他の試乗レポート●●

ランドローバー レンジローバーイヴォークの他の試乗レポートはコチラから!

ランドローバー レンジローバーイヴォークランドローバー レンジローバーイヴォークランドローバー レンジローバーイヴォークランドローバー レンジローバーイヴォークランドローバー レンジローバーイヴォーク

<フォード エクスプローラー> 惜しい! / カーソムリエ torafuguさん

フォード エクスプローラー
フォード エクスプローラーフォード エクスプローラー

総合評価:4.5/5.0

外観デザイン:4.8/5.0

インテリア:4.6/5.0

走りやすさ:4.0/5.0

-オススメポイント-

まずは見た目。迫力満点。黒でまとめるのは定番だが、白は更に大きく見え迫力が増す。内装も欧州車と同じレベルの質感を確保。デジタル化に伴うハイテク感や車内灯も雰囲気抜群。圧倒的なのは車内の広さ。3列シートもスペース充分で、電動でたたためるオプションも有難い。ミニバンと比べても遜色ない。噂のエコブースト2lエンジンも快適そのもの。燃費もハイグレードミニバンと同等で、価格もこのパフォーマンスを考えるとかなり割安。駐車場さえ確保できれば、アルファードやエルグランドからの乗り換え需要も多いのでは。

-乗る前と乗った後、クルマのイメージは同じでしたか?-

違った。

理由:アメ車のネガティブなイメージが全くない。

-不満点-

左ハンドルのみの設定。国産ナビが設定できない。

-運転後の感想-

ほぼ完璧な車なのに、左ハンドルやナビ等が日本市場向けにカスタマイズがされておらず、本当に勿体無い。

●●編集部員コメント●●

2011年9月にフルモデルチェンジ。フォードが満を持して続々と世界に向けて投入中の環境テクノロジー“EcoBoost”を搭載。“EcoBoost”とは、現在日本では、エクスプローラーの2.0リッターモデルだけに搭載されている環境ターボの別称。中でもXLT EcoBoostは、直4 2.0リッターエンジン+EcoBoostで、最高出力243ps/最大トルク37.3kgmと脅威の数値をたたき出している。

●●このクルマの他の試乗レポート●●

フォード エクスプローラーの他の試乗レポートはコチラから!

フォード エクスプローラーフォード エクスプローラーフォード エクスプローラーフォード エクスプローラーフォード エクスプローラー

<日産 エクストレイル> 遊び車 / カーソムリエ rendoru104さん

日産 エクストレイル
日産 エクストレイル日産 エクストレイル

総合評価:3.2/5.0

外観デザイン:3.4/5.0

インテリア:3.1/5.0

走りやすさ:3.7/5.0

-オススメポイント-

グレード:不明(友人の車)このクラスのSUVの中ではしっかりとポリシーのある車だと思います。ライバルはRAV4とかだと思いますが、スタイリングも使いやすさも、車内の質感もバッチリ。スキー場などへのアクセスも十分な地上だかと4WDシステムで全く不安は無いと思います。但し、遊び車として4人で出かけるには、遊びギアなど荷物を積むにはもう少しラゲージスペースが広いと良いかも。とはいえそれが故に軽快感のある走りやスタイリングになっていると思うので、そこはトレードオフだと。今どきランクルやパジェロなど大き過ぎるSUVは必要性があまりないので貴重な車種だと思います。

-乗る前と乗った後、クルマのイメージは同じでしたか?-

違った。

理由:もっと粗い乗りごごちだと思ってたけどしなやかでした。

-不満点-

ディーゼルがもう少し安いとイイね

-運転後の感想-

最高の遊び車

●●編集部員コメント●●

現行モデルではグレード体系が見直され、クリーンディーゼルエンジン搭載の「20GT」に、防水シートや全席ヒーター付きシート(後席中央を除く)、後席のリラックスヘッドレストなどが追加装備されている。2013年のフランクフルトモーターショーでは次期 エクストレイル が公開され、現在注目の1台。

●●このクルマの他の試乗レポート●●

日産 エクストレイルの他の試乗レポートはコチラから!

日産 エクストレイル日産 エクストレイル日産 エクストレイル日産 エクストレイル日産 エクストレイル

あなたもカーソムリエになりませんか?

★★どなたでもカーソムリエになれます★★

会員登録のうえ、「カーソムリエ検定」に合格すれば、「カーソムリエ」の資格が認定されます。

カーソムリエ検定は、自動車に関する様々な知識を問うクイズ形式の検定試験です。お使いのスマートフォンもしくはパソコンから、1回5~10分程度で受検することができ、何度でも挑戦できます。

我こそはカーソムリエにという方は、コチラまで。

是非、カーソムリエに合格し、レポートを投稿しましょう!

★★「Amazonギフトキャンペーン」を実施中★★

レポート1投稿につき、“もれなく”Amazonギフト「1,000円」分をプレゼント!複数車種のレポート投稿もOKなので、Amazonギフトを沢山貰えるチャンス!

詳細についてはコチラよりご確認下さい。

カーソムリエレポートページ QRコード
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ランドローバー レンジローバーイヴォーク の関連記事

ランドローバー レンジローバーイヴォークの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ランドローバー レンジローバーイヴォーク の関連記事をもっと見る

ランドローバー レンジローバーイヴォーク の関連ニュース

ランドローバー 新車人気ランキング  集計期間:2017/11/12~2017/12/12