autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 日産、自動運転システムの開発に向け高度運転支援技術を搭載した車両のナンバーを取得

自動車ニュース 2013/9/26 19:00

日産、自動運転システムの開発に向け高度運転支援技術を搭載した車両のナンバーを取得

関連: 日産

2020年に自動運転技術の市販化目指す

ナンバープレートを取得した高度運転支援技術(自動運転システム)を搭載した日産リーフ

日産は26日、将来の自動運転システムの実現に向けた新たな高度運転支援技術を搭載した車両について、日本で初めて自動車検査証及びナンバープレートを取得したと発表した。

高度運転支援技術を搭載した車両は「日産リーフ」がベースとなっており、車両が周辺の道路状況等を検知し、ハンドル・ブレーキ等を自動的に制御してドライバーの運転を支援するシステムを搭載、ドライバーが常に操作介入を行えることが前提となっている。

日産は、本年8月にカリフォルニアで実施した「日産360」のイベントにてAutonomous Drive(自動運転車両)の試作車を公開。また、その際に2020年に自動運転技術の市販化を目指すことを発表した。

そして今回、将来の自動運転システムの実現に向け、その基盤となる高度運転支援技術の開発を推進させるために、公道実証実験の実施に向けた準備を関係省庁と進め、このたびナンバープレートを取得した。本車両のナンバーは、自動運転技術の実用化を目指す2020年を意味する「2020」としている。

社長のカルロス ゴーンは、次の様に語っている。

「本年の8月、私たちは、2020年に自動運転の実現を目指していることを発表しました。自動運転システムに向けた基盤技術を公道走行においてテストすることは、我々がリーダーシップを維持するために欠かせないプログラムです。日本の関連省庁のサポートに深く感謝いたします」

技術開発担当副社長の山下光彦は、

「自動運転システムの実現は、ゼロエミッション車の量産化に次ぐ、われわれの大きなチャレンジです。本車両での公道実証実験を通じて安全かつ信頼性の高い技術開発を行っていきます。」

と語った。日産は当該車両を用い、今後公道実証実験を実施していくとしている。

ナンバープレートを取得した高度運転支援技術(自動運転システム)を搭載した日産リーフナンバープレートを取得した高度運転支援技術(自動運転システム)を搭載した日産リーフナンバープレートを取得した高度運転支援技術(自動運転システム)を搭載した日産リーフナンバープレートを取得した高度運転支援技術(自動運転システム)を搭載した日産リーフナンバープレートを取得した高度運転支援技術(自動運転システム)を搭載した日産リーフ
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 の関連記事

日産の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 の関連記事をもっと見る

日産 の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/24~2017/7/24