autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 新型「レンジローバー」の2014年モデルは新開発の3リッターV6を搭載

自動車ニュース 2013/9/26 18:59

新型「レンジローバー」の2014年モデルは新開発の3リッターV6を搭載

新開発の3リッターV6スーパーチャージド・ガソリンエンジンを新たに導入

新型「レンジローバー」2014年モデル

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、新型レンジローバーの2014年モデルの日本仕様とその販売価格を発表し、2013年10月1日(火)より全国のランドローバー正規販売店にて販売を開始する。

SUVでは世界初のオール・アルミニウム製軽量モノコック・ボディ構造を採用した新型レンジローバーの2014年モデルでは、既存の5リッターV8自然吸気エンジンに代わり、3リッターV6スーパーチャージド・エンジンが導入された。

3リッターV6スーパーチャージド・エンジンは、5リッターV8エンジン・アーキテクチャーをベースに開発され、同様のパフォーマンスを維持する一方、著しく効率性を向上させている。

最先端テクノロジーが斬新に組み合わされた新エンジンは、最高出力340PS/6500rpm、最大トルク450Nm/3500rpmを発生。また、このエンジンはさらなる効率とパフォーマンスの向上を実現すべく、新開発の8速オートマチック・トランスミッションと組み合わされている。

新型レンジローバーの全モデルにアイドリングストップ機能である「エンジンストップ/スタート・システム」が標準装備され、燃費は従来モデルの5.3km/Lから7.4km/Lへと改善されている。

また、レンジローバーの2014年モデルには運転中の快適性と安心感を向上させるため、最先端の車両テクノロジーとセーフティ・テクノロジーがオプションで提供されている。

ウェイド・センシング機能は、小川や浅瀬、冠水した道路など水深のある場所を走行中に水深情報を提供するとともに、水深が深すぎる場合にはドライバーに警告を発し、運転をサポートする機能。タッチスクリーン上にてリアルタイムで車両の渡河水深限界と車両に対する水深を表示・確認することが可能となっている。

パークアシスト機能は、縦列駐車をする際に駐車可能スペースを検知し、自動的にステアリング操作を行いスムーズに目標位置に駐車することをサポートする機能。ドライバーは、アクセルペダルとブレーキペダルを操作、また必要に応じて前進/リバースギアの切り替えを行う。

リバース・トラフィック・ディテクションは、ブラインドスポットモニター(クロージング・ビークルモニター付)とともに提供される新機能。駐車スペースから後退して車両を出す際などに、衝突の可能性を察知するとドライバーに警告を発する。

3.0 V6 SUPERCHARGED VOGUE(スーパーチャージド ヴォーグ)/12,300,000円

5.0 V8 SUPERCHARGED VOGUE(スーパーチャージド ヴォーグ)/14,900,000円

Autobiography(オートバイオグラフィー)/16,700,000円

ランドローバー レンジローバー 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ランドローバー レンジローバー の関連記事

ランドローバー レンジローバーの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ランドローバー レンジローバー の関連記事をもっと見る

ランドローバー レンジローバー の関連ニュース

ランドローバー 新車人気ランキング  集計期間:2017/9/18~2017/10/18