autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース ポルシェ、新型911ターボカブリオレ・911ターボSカブリオレの予約受注を開始

自動車ニュース 2013/9/24 15:29

ポルシェ、新型911ターボカブリオレ・911ターボSカブリオレの予約受注を開始

ポルシェ 911ターボ カブリオレポルシェ 911ターボ カブリオレ

ポルシェ ジャパンは、新型911ターボカブリオレ・911ターボSカブリオレの予約受注を、9月24日(火)より全国のポルシェ正規販売店にて開始すると発表した。

初代911がデビューを飾ってから50年となる今年は、911ターボにとっても40周年にあたる。この記念すべき年に、911ターボと911ターボSのオープントップモデルが11月20日のロサンゼルスモーターショーでワールドプレミアを果たす。

新たに911モデルレンジに加わる911ターボ カブリオレと911ターボSカブリオレは、先だってデビューしたクーペモデルと同じレベルのダイナミズム、パフォーマンス、そして効率性を発揮。

911ターボ カブリオレがターボチャージャー付3.8リッター6気筒エンジンから最高出力520PS(383kW)、そして911ターボSカブリオレは560PS(412kW)を発生する。

0~100km/h加速タイムは、それぞれ3.5秒と3.2秒、最高速度は318km/hに達するが、燃料消費量は9.9リッター/100km(NEDCにおけるCO2排出量231g/km)と10リッターを下回る燃費を誇る。

先代モデルに比べて最高出力は30PS向上、加速タイムは0.2秒短縮され、効率性は15%改善されている。

ポルシェ 911ターボ カブリオレポルシェ 911ターボ カブリオレポルシェ 911ターボ カブリオレ

新型911ターボの特徴であるワイドなリアフェンダーは、911カレラ4モデルよりも28mm拡大され、Cピラーとボディアウターエッジの間には、手のひらの長さを超えるほぼ水平な面が広がっている。トップを開けたときにはこの幅がさらに印象的な効果を生み出す。

その他の目を引く特徴が、軽量マグネシウムフレームを使用したポルシェ独自のパネルボートップ。この革新的なテクノロジーにより、トップを閉めたときにクーペのようなアーチが形成される。

空力の面からもメリットをもたらすこのアーチは、従来の構造技術では実現することはできない。50km/h以下で走行しているときにトップの開閉に要する時間は、先代モデル同様に約13秒。

また、新型911カブリオレのインテリアは、911ターボ クーペのものと同様だ。ターボSカブリオレには、ブラックとカレラレッドによる専用インテリアや18-way電動調節とメモリー機能の付いたアダプティブスポーツシート・プラスなどの装備が備わっている。

さらにシートのバックレストシェルにはダブルキャップシームを施したレザートリムが使用され、さまざまなエレメントにカーボンルックが採用されている。また、先代モデル同様にBoseサウンドシステムが標準装備されている。

ポルシェ 911カブリオレ 関連ページ

ポルシェ 911 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ポルシェ 911カブリオレ の関連記事

ポルシェ 911カブリオレの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ポルシェ 911カブリオレ の関連記事をもっと見る

ポルシェ 911カブリオレ の関連ニュース

ポルシェ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/27~2017/9/27

  • ポルシェ
    911

    新車価格

    1,244万円2,629万円

  • ポルシェ

    新車価格

    885万円2,251万円

  • ポルシェ

    新車価格

    685万円1,066万円