autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース ランボルギーニ、レースカーから生まれたモデル「ガヤルド LP570-4 スクアドラ・コルセ」発売

自動車ニュース 2013/9/20 20:18

ランボルギーニ、レースカーから生まれたモデル「ガヤルド LP570-4 スクアドラ・コルセ」発売

モータースポーツの興奮をそのまま公道へ!

ガヤルド LP570-4 スクアドラ・コルセ

ランボルギーニは、モータースポーツ特有のスリルを公道でも楽しめるモデル、「ガヤルド LP570-4 スクアドラ・コルセ」を発表した。

スクアドラ・コルセはレーシングモデル「ガヤルド スーパートロフェオ」がベースとなっており、ガヤルドのラインナップの中で最もパワフルな公道車となっている。

スクアドラ・コルセは限定生産で販売され、価格は31,656,450円(税込)。ちなみに、「スクアドラ・コルセ」の名は、同社内に新設されたモータースポーツ部門「スクアドラ・コルセ」の名を冠しているという。

ガヤルド LP570-4 スクアドラ・コルセ

スクアドラ・コルセは、通常レースカーに使用しているものと同じ5.2リッターV10エンジンを仕様変更せずに搭載。最高出力は570HP/8,000rpm、最大トルクは540Nm/6,500rpmを発生させる。

また、リアウィングもレースカーと同じものが採用されており、ガヤルド LP560-4と比べて3倍ものダウンフォースを発生させることができるという。

また、エンジンフードはクイックリリース式で取り外しが可能となっているなど、レーシングモデルとしての要素が多く詰め込まれているのが特徴だ。

スクアドラ・コルセの乾燥重量は1,340kgと、LP560-4と比べて70kgの軽量化を実現。これにより、2.35kg/HPというパワーウェイトレシオを実現しており、0~100km/h加速は3.4秒、0~200km/h加速もわずか10.4秒で達する事が出来る。

「ガヤルド LP570-4 スクアドラ・コルセ」の発表会場となったのは、東京・北青山にある全方向ガラス張りという個性的なランドマークAO(アオ)の5Fにあるグリル・バー「TWO ROOMS」。

ガヤルド LP570-4 スクアドラ・コルセガヤルド LP570-4 スクアドラ・コルセガヤルド LP570-4 スクアドラ・コルセガヤルド LP570-4 スクアドラ・コルセガヤルド LP570-4 スクアドラ・コルセ
ガヤルド LP570-4 スクアドラ・コルセ

東京のスカイラインを一望できるTWO ROOMSのウォーターテラスへスクアドラ・コルセが置かれ、そして発表会場に登場したのはアウトモビリ・ランボルギーニ代表 兼 CEOのステファン・ヴィンケルマン氏。

ヴィンケルマン氏が日本国内で新型車の紹介を行うのは初となる。

アウトモビリ・ランボルギーニ代表 兼 CEOのステファン・ヴィンケルマン氏
ランボルギーニ・ジャパン代表のエジナルド・ベルトリ氏

氏によると、フェルチオランボルギーニがアウトモビリ・ランボルギーニを設立したのは1963年。その時に彼は『最高の公道仕様のスーパースポーツカーを造りたい』という願いがあったという。

しかし当時、モータースポーツは同社にとってさほど重要なファクターでは無く参戦もしていなかったものの、時が過ぎてモータースポーツは成功に欠かせない要素となった。そして、創業50周年を記念して「スクアドラ・コルセ」というモータースポーツを専門とする部門を立ち上げ、新モデル「ガヤルド LP570-4 スクアドラ・コルセ」を発表するに至ったという。

また、同日には麻布(東京)、名古屋、大阪、福岡に次ぐ、日本国内5 店舗目のショールームとなった 「ランボルギーニ青山」がグランドオープンを迎えた。

同社では「ランボルギーニ青山」は6月のソフトオープニング以来多くの方が来店し、その魅力に触れて頂いているとし、また、青山通りに面したアクセスの良さに加えて世界中のハイブランドのブティックが並ぶロケーションが、ランボルギーニの洗練されたブランドイメージともマッチしているという。

正規販売代理店のコーンズ・モータースは新ショールームのオープンにあたって、高級輸入車業界において長年にわたって築き上げてきた同社の経験と豊富な知識はランボルギーニ・ジャパンにとって大きな財産となるものであり、日本におけるスーパー・スポーツカー市場の発展に向けて大きな役割を果たすと確信していると述べている。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!