autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース スズキ、ジャカルタモーターショーでインドネシアのワゴンR「カリムン ワゴンR」発売

自動車ニュース 2013/9/19 20:21

スズキ、ジャカルタモーターショーでインドネシアのワゴンR「カリムン ワゴンR」発売

スズキ株式会社のインドネシア子会社「スズキ・インドモービル・モーター社(以下SIM社)」は、1,000㏄の乗用車「ワゴンR」(現地名:KARIMUN WAGON R)を2013年9月より生産開始した。

9月19日より開催されているジャカルタモーターショーにて、スズキの鈴木俊宏副社長が発表した。

「ワゴンR」はインドネシア政府のLCGC(LowCostGreenCar)政策に適応した低燃費の1,000㏄ 5人乗り乗用車で、SIM社のタンブン工場にて2013年9月より生産を開始し、インドネシア国内に投入する。

「ワゴンR」は、低燃費を実現、現地調達率を向上させLCGCの認定条件をクリアする予定。

スズキのインドネシアでの四輪車は、2012度は年間14万9千台の生産実績であった。インドネシアの自動車市場拡大に対応するため、既にタンブン工場での内作率向上のための投資を進めており、また2012年にはジャカルタの東方にあるGIIC工業団地内に、130万m2の土地を購入し、新しいエンジン・トランスミッション工場と四輪車体組立工場を建設中である。

エンジン・トランスミッション工場は、チャクン工場のエンジン生産の一部を移管し、鋳造・鍛造から機械加工、熱処理、組立まで一貫して生産することにより、内作率を大幅に引き上げ、生産効率も向上させる。2014年2月より順次稼働を始め、2014年11月には一貫生産体制となる予定である。

四輪車体組立工場は、タンブン工場から「エルティガ」の生産を移管し、2015年1月から稼働する計画である。今後は「ワゴンR」の生産も行っていく予定である。

新エンジン・トランスミッション工場と新車体工場の稼働により、2015年度にはインドネシア全体で25万台の生産能力を持たせ、市場の動向を見ながら順次生産能力を向上していく。GIIC工業団地における一連の投資総額は約930億円となる。

スズキは、新型車「ワゴンR」の発売とインドネシア国内の生産能力向上により、インドネシアをASEAN地域の重要拠点として位置づけ、効率的な生産と販売増に取り組んでいく。

カリムン ワゴンRカリムン ワゴンRカリムン ワゴンRカリムン ワゴンRカリムン ワゴンR

スズキ ワゴンR 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スズキ ワゴンR の関連記事

スズキ ワゴンRの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スズキ ワゴンR の関連記事をもっと見る

スズキ ワゴンR の関連ニュース

スズキ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/22~2017/11/22