autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 日産、100%電気商用車「e-NV200」の開発が最終段階へ

自動車ニュース 2013/9/10 11:48

日産、100%電気商用車「e-NV200」の開発が最終段階へ

日産自動車が発売に向けて準備中の100%電気商用車「e-NV200」が、その開発の最終段階を迎えている。

「e-NV200」は、ビジネスの効率向上に熱心でかつ環境意識の高い企業をはじめとするユーザーの間で、都市部等で威力を発揮する革新的な商用バンとして、その発売への期待が高まっている。

日産では、2011年以降、「e-NV200」について、多くの大手企業や自治体などと公道での実証運行を重ねてきて、実証実験の中では、快適なドライビングやCO2排出量の削減、積載能力の高さといった点で多くの意見が出され、その意見が「e-NV200」の商品開発に生かされているという。

「e-NV200」は、「日産リーフ」に続きグローバルで販売する日産の2車種目のEV(電気自動車)として、2014年中の発売を予定している。

ベース車である多目的商用バン「NV200」の室内の広さや多用途性と、「日産リーフ」のパワートレインにより、走行時の二酸化炭素(CO2)排出量ゼロを実現しつつ、EV特有の卓越した加速性と静粛性が実現されている。

また、先進的なテレマティクスシステムや荷室における電源供給機能などが、さまざまなシーンにおけるビジネスの可能性を広げ、その上で多くの企業が最も重視するポイントのひとつであるランニングコストについては、同クラスの商用車をリードする優れたレベルとなっている。

小型商用車(LCV)事業担当の村上秀人執行役員は、「『e-NV200』は、ディーゼル車やガソリン車のバンと同等の室内の広さや多用途性、実用性を備えると同時に、走行時のCO2排出量がゼロという特徴を併せ持ちます。さらに、EV特有の加速性に優れた滑らかな運転フィーリングを提供します。『e-NV200』は、当社の幅広い商用車ラインアップに、意欲的かつ革新的なモデルとして加わることになります」と語っている。

日産自動車では、ゼロエミッション領域をリードしているEV技術の商用車分野への展開として、同技術のトラック分野への応用も検討している。その一つが、小型トラック「アトラス」をベースとした電気トラック「e-NT400」だ。

将来の量産の可能性を探りつつ現在開発を進めている「e-NT400」は、「日産リーフ」のパワートレインを活用した、ゼロエミッションの100%電気トラック。

「e-NV200」と同様に、排気ガスを一切出さないことから、都心部におけるエンジン車の乗り入れが制限されているエリアにおいても走行可能なほか、低騒音であることから、深夜の時間帯でも運行しやすいものとなっている。

優れたランニングコストはもちろんのこと、80kWの電動モーターと高出力・大容量のリチウムイオンバッテリーが、振動の少ないスムーズな加速と新しい運転感覚を実現した。

欧州NEDC(New European Driving Circle)モードでの航続可能距離約140キロで、急速充電機能を内蔵した「e-NT400」は60分間で容量の80%まで充電が可能。

村上執行役員は、「日産は、ゼロエミッション領域をリードしているEV技術の商用車エリアへの拡大により、お客様に提供する価値を一層大きなものにしてまいります。」と述べた。

日産 NV200バネット 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 NV200バネット の関連記事

日産 NV200バネットの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 NV200バネット の関連記事をもっと見る

日産 NV200バネット の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/24~2017/11/24