autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース ブリヂストン、「ワールドソーラーチャレンジ 2013」にタイヤと太陽電池用フィルムにて協賛

自動車ニュース 2013/7/24 14:03

ブリヂストン、「ワールドソーラーチャレンジ 2013」にタイヤと太陽電池用フィルムにて協賛

ブリヂストンは、「ワールド ソーラーチャレンジ 2013」に参戦する工学院大学ソーラーカープロジェクトに協賛する。ブリヂストンが協賛する商品は、転がり抵抗を大幅に低減した新技術「ologic(オロジック)」を搭載したタイヤと、「EVASKY(エバスカイ)」シリーズの太陽電池用高機能フィルム。

今回協賛するタイヤは、今年3月に発表した、低燃費と安全性を高次元で両立する技術である、「ラージ&ナローコンセプト」をベースに開発された特別仕様のタイヤ。この度、当該技術を実用化するにあたり、新たに「ologic」と名付けた。

「ologic」は、車両の燃費向上を通じたCO2排出量の削減に貢献できる技術としてブリヂストンが開発を進めているもので、「ECOPIA」ブランドにおける新技術。タイヤサイズをこれまでに無かった狭幅・大径サイズ化すると共に、空気圧の高圧化、新パタン技術や専用コンパウンドを適用している。

これにより、従来とは別次元の転がり抵抗の低減とウェットグリップ性能の向上を実現した。この技術を採用することで、今回のソーラーカーの省エネルギー走行に貢献し、かつゴールまで安全に走行することを狙ってく。

「EVASKY」シリーズは、太陽光を電気エネルギー(電力)に変換する部品である発電セルを保護し、長期にわたり安定した発電性能を維持するために使われる、太陽電池用フィルム。今回協賛しているフィルムは、長年蓄積してきた高度な配合技術を活用し、紫外線(UV)を透過させることができる高機能な特性を持っている。

これにより、UV領域の光も発電セルに伝えることができ、ソーラーカーの発電効率の向上に貢献することを狙っている。

ワールド ソーラーチャレンジ 2013

2013年10月6日~13日にオーストラリア北部のダーウィンから南部のアデレードまでの約3,000kmを走行し、順位を競う国際的なソーラーカーレース。過酷な状況で環境性能を追求しながら、長距離を安全に速く走行する技術が必要とされる。このような世界大会への参戦は、工学院大学ソーラーカープロジェクトとしては初の挑戦。そのチャレンジングスピリットに共感し、ブリヂストンは「環境」と「安全」の両面から協賛し、応援する。

「ologic」搭載タイヤ(「ラージ&ナローコンセプト」タイヤ)陽電池用高機能フィルム「EVASKY」装着車両「ologic」搭載タイヤ「EVASKY」フィルム
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!