autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース ジャガー・ランドローバー、新型レンジローバー・スポーツが「パイクスピーク」のSUV新記録を樹立

自動車ニュース 2013/6/12 21:38

ジャガー・ランドローバー、新型レンジローバー・スポーツが「パイクスピーク」のSUV新記録を樹立

パイクスピーク・ヒルクライムレースの様子パイクスピーク・ヒルクライムレースの様子パイクスピーク・ヒルクライムレースの様子パイクスピーク・ヒルクライムレースの様子

ジャガー・ランドローバーは、「パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム」が毎年開催される地にて、改造なしの市販SUVモデルとして、新型レンジローバー・スポーツが新記録樹立を達成したと発表した。

コースは、高木限界線を越えた海抜9,390フィート(2,862メートル)をスタート地点ととし、片側が急斜面、反対側は岩肌が剥き出す山肌などから、156のコーナーを経て、標高14,110フィート(4,301メートル)にある頂上へと一気に駆け上がる12.42マイル(19.99km)のアスファルト舗装のコース。

今回計測された記録は、会場にてパイクスピーク・ヒルクライム・レースのオーガナイザーより認定を受けた。

新記録を樹立した新型レンジローバー・スポーツは、最大出力510PSを発揮する5リッターV8スーパーチャージド ガソリンエンジンを搭載したモデルで、レースの安全性要件を満たすため、市販予定モデルと同じ装備にロールケージとハーネスシートベルトを加えただけの仕様。

ドライバーは、スタントドライバー等も務める米国人のポール・ダレンバック氏。ダレンバック氏はコロラド州バサルト出身の45歳。パイクスピークのスペシャリストと知られており、パイクスピーク・ヒルクライム・レースで6度の部門優勝、3度の総合優勝を誇っている。

以下は、ダレンバック氏のコメント。

「パイクスピークでは、いかなるミスも許されません。156あるコーナーで、1度でも判断を誤ったなら、木々に衝突するか崖っぷちに立たされることになります。今日、この記録を樹立するためにも、クルマへの完全なる信頼が必要でした。当然のごとく、私は、速く、レスポンスに優れ、そして俊敏なレンジローバー・スポーツに対し揺らぐことのない大きな信頼を抱いていました。コーナーにて最適なハイスピードラインを維持するために、私自身が意図する、まさにその位置にクルマを動かすことが可能でした。新型レンジローバー・スポーツは、とても有能なクルマです。そのことをパイクスピークでの新記録樹立によって、証明できたことを大変光栄に思います。」

ランドローバー レンジローバースポーツ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ランドローバー レンジローバースポーツ の関連記事

ランドローバー レンジローバースポーツの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ランドローバー レンジローバースポーツ の関連記事をもっと見る

ランドローバー レンジローバースポーツ の関連ニュース

ランドローバー 新車人気ランキング  集計期間:2017/7/22~2017/8/22