autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース ブリヂストン、第63回「自動車技術会賞」を受賞

自動車ニュース 2013/5/27 17:09

ブリヂストン、第63回「自動車技術会賞」を受賞

ブリヂストン受賞風景

ブリヂストンは、公益社団法人自動車技術会が主催する第63回自動車技術会賞において、新たに開発したタイヤ計測・解析技術が論文賞を受賞したと発表した。

今回の受賞技術は、これまで時速5㎞以下の低速走行時しか計測できなかったタイヤ接地面の挙動を、一般的に使用される街乗り走行からサーキットなどの高速走行時まで、高精度で計測・可視化することを可能とした計測・解析技術です。これにより、低燃費性能と運動性能を高次元で両立させるタイヤの実現、さらに開発期間の大幅短縮に成功している。

この技術はすでに、タイヤの転がり抵抗とウェット路面でのグリップ性能を等級化して表示するラベリング制度で、業界初の最高グレードAAA-aを達成した「ECOPIA EP001S」や、同社の新たな環境タイヤ技術「ラージ&ナローコンセプトタイヤ」の開発に用いられていく。

今後は、同技術を乗用車用タイヤから大型トラック・バス用タイヤなど幅広いタイヤの開発に活用していき、その適用範囲を広げていく構え。

受賞した技術は次のとおり

(1)論文名:「タイヤ踏面内剪(せん)断力分布の計測・可視化技術」

(2)受賞者: 桑山 勲(くわやま いさお)、松本 浩幸(まつもと ひろゆき)、平郡 久司(へぐり ひさし)/タイヤ研究部

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!