autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 日産、100%電気自動車「リーフ」の国内希望小売価格を改定

自動車ニュース 2013/4/19 18:06

日産、100%電気自動車「リーフ」の国内希望小売価格を改定

日産は19日、2012年11月にマイナーチェンジした同社の100%電気自動車「日産リーフ」の国内希望小売価格を同日より改定すると発表した。

「日産リーフ」は、走行中にCO2などの排出ガスを一切出さないゼロ・エミッション車として、高い環境性能を有すると同時に、リチウムイオンバッテリーと電気モーターの搭載による、力強く滑らかな加速性能、高級車のような静粛性能、優れた重量バランスによる高い操縦安定性などが、お客さまから高い評価を得ている。

昨秋のマイナーチェンジでは、一充電走行距離228km(JC08モード)の実現により、利便性を向上させるとともに、低価格の新グレード「S」を投入した。

今回の価格改定は2013年1月17日に公表したもので、ゼロ・エミッション社会の実現を加速させるため、ユーザーの要望に応えて実施する。

改定後の価格は、前年度と同等の購入補助金(クリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金)を受給できた場合に、およそ220万円~になる。

また、日産はユーザーの利便性をさらに向上させていくため、急速充電器の設置を推進している。

国内販売会社での急速充電器設置店舗数は、2013年3月末までに800店舗まで拡大され、これにより、国内販売会社の3店舗に1店舗以上の割合で急速充電器が設置されたことになる。

グレード

希望小売価格(消費税込)

G

3,847,200円

X

3,471,300円

S

3,062,850円

日産自動車の関連会社であるオーテックジャパンは、100%電気自動車「日産リーフ」をベースにした「ライフケアビークル(LV) *」シリーズの国内希望小売価格を、4月19日より改定すると発表した。

*: 日産自動車グループでは、福祉車両を「ライフケアビークル」(LV:Life Care Vehicles)と呼んでいる。

今回の価格改定は、ゼロ・エミッション社会の実現を加速させるため、お客さまからの要望にお応えして、ベース車の価格改定に準じて実施するもの。

日産リーフ「ライフケアビークル(LV) 」シリーズには、助手席が回転して乗降時の負担を軽減する「アンシャンテ 助手席回転シート」と両足が不自由な方が両手だけで運転できる「ドライビングヘルパー オーテックドライブギアタイプe」を設定している。

車種

ベース車 グレード

希望小売価格(消費税込)

アンシャンテ 助手席回転シート

G

3,875,550円

X

3,499,650円

ドライビングヘルパー

※車両(オプション含む)の消費税が非課税

G

3,944,000円

X

3,586,000円

日産 リーフ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 リーフ の関連記事

日産 リーフの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 リーフ の関連記事をもっと見る

日産 リーフ の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/7/20~2017/8/20