autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース アウディ、新型「RS 4 Avant」を発表

自動車ニュース 2013/4/3 14:19

アウディ、新型「RS 4 Avant」を発表

アウディ 新型「RS 4 Avant」アウディ 新型「RS 4 Avant」アウディ 新型「RS 4 Avant」アウディ 新型「RS 4 Avant」

アウディ ジャパンは、A4ラインナップの頂点に位置する 新型 RS 4 Avantを、4月10日(水)より販売開始する。販売価格は11,950,000 円(消費税込)。

3世代目となるRS 4 Avantは、最高出力331kW (450hp)、最大トルク430Nmを発揮する4.2リッターV8 FSIエンジンを搭載、トランスミッションには7速Sトロニックを組み合わせる。動力性能は0-100km/h加速が4.7秒、最高速は250km/h。燃費性能は、8.1km/L(JC08モード)を実現する。

ドライブトレインは最新世代のクワトロ フルタイム四輪駆動システムで、クラウンギヤ式セルフロッキング センターデフ、リアの駆動力配分を最適化するスポーツディファレンシャルを装備する。

サスペンションにはRS 4専用スポーツサスペンションを採用し、車高はA4 Avantに比べて、20mm低い設定。ホイールは、20インチの5Vスポークデザインアルミホイールを装着する。

エクステリアは、つや消しアルミニウム仕上げのフレームに囲まれたハニカムメッシュのシングルフレームグリル、大型エアインテーク付きのフロントバンパー、全幅1850mmとノーマル比で25mm幅広となり力強く張り出したワイドフェンダーなどの専用装備を備える。

リアディフューザーは、空力特性を追求し、楕円形状のテールパイプをもつデュアルエクゾーストシステムが組み込まれ、ルーフ後端にはリアアクスルのダウンフォースを増大させるルーフエンドスポイラーが標準装備されている。

インテリアはブラック基調でまとめられ、ファインナッパレザーのSスポーツシートが標準装着となる。シートカラーはブラックとルナシルバーの2種類を用意。

センターコンソールまわりにカーボンのデコラティブパネルが配され、ステアリン グホイールはRS 4のロゴが入っており、フラットボトム形状のマルチファンクション&パドルシフト付本革巻き3スポークタイプを採用している。

メーター クラスターのベゼルとセンターコンソールは光沢あるピアノフィニッシュで、トランスミッションのセレクターレバーはRSモデル専用品で、下に向かってテーパー状となっている細めのドアオープナーは、RSモデル伝統のスタイル。

ラゲッジ容量は通常の490Lから後席を倒せば最大1430Lにまで拡大し、さらに荷物の収納を便利にするルーフレールも標準装備。またオートマチックテールゲートをオプションとして設定。

RSモデル

AUDI AGの100%子会社quattro GmbHが手がける高性能スポーツモデル。quattro GmbHは、ドイツ ネッカーズルムに本拠地を置き、Audi R8やRSモデルの製造を行っている。

アウディ RS4アバント 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

アウディ RS4アバント の関連記事

アウディ RS4アバントの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

アウディ RS4アバント の関連記事をもっと見る

アウディ RS4アバント の関連ニュース

アウディ 新車人気ランキング  集計期間:2017/7/20~2017/8/20

  • アウディ

    新車価格

    293万円461万円

  • アウディ
    A1

    新車価格

    249万円364万円

  • アウディ
    Q2

    新車価格

    299万円490万円