autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース ホンダ、新型アコード ハイブリッド、新型フィットに緊急通報システムや事故回避支援システム等を搭載 ~安全への様々な取り組みを発表~

自動車ニュース 2013/3/29 15:24

ホンダ、新型アコード ハイブリッド、新型フィットに緊急通報システムや事故回避支援システム等を搭載 ~安全への様々な取り組みを発表~

3月29日(金)、ホンダは安全への取り組み説明会を開催した。

説明会では、

■今年発売予定の新型フィットに、インターナビの技術を活用した「安全運転コーチング」機能を搭載

■同新型フィットに事故回避支援システム「City-Brake Active System」を含む安全装備を充実させた「Safety Package」(仮称)の設定

■今年夏に発売予定の新型「アコード ハイブリッド」に緊急通報システムを搭載

が発表された。

インターナビの技術を活用した「安全運転コーチング」機能を提供 

車載用Honda純正ナビ(Honda インターナビおよびインターナビ対応モデル)とスマートフォン用アプリの両方で使用可能な、安全運転コーチングは、フローティングカーデータを活用して検出された急減速が多発している信号機のない交差点に接近すると、その旨をドライバーに事前に知らせ、安全確認を促すことで、交通事故の防止を目指す。また、交差点を通過した際の運転診断結果をスマートフォンやパソコンでいつでも詳しく振り返ることができる機能により、安全運転の習得を支援する。

運転中支援詳細

スマートフォン用アプリでは、交差点における潜在的な危険性を事前に知らせるため、危険性のある交差点への接近速度に応じて、音声でドライバーに注意を促す。また、安全運転に対する意識の向上を促すため、危険性のある交差点を通過する際に運転診断を行い、一時停止とスムーズな加減速を行った場合は、安全への配慮ができた運転であることをドライバーに音声で知らせる。運転診断は、スマートフォンで検知した速度や加減速の情報を用いて行う。

危険性のある交差点への接近速度に応じた音声アナウンス例 

所定の速度以上で接近: 「この先、急減速多発交差点です」

注意喚起速度を超えて接近:「この先、急減速多発交差点です。安全確認お願いします」

一時停止とスムーズな加減速: 「安全への心掛けありがとうございます」

車載用Honda純正ナビ(Honda インターナビおよびインターナビ対応モデル)では、インターナビ・ルート誘導中に危険性のある交差点へ近付いたとき、音声とディスプレイ上の表示でドライバーに知らせる。

危険性のある交差点は、Honda インターナビのフローティングカーデータから検出された、急減速の確率が高く、信号機のない交差点が登録されている。

走行実績振り返り機能 概要

安全運転に対する意識の向上を促すため、乗車中に限らずいつでもスマートフォンやパソコンで交差点における走行実績の評価と運転アドバイスを確認し、自分の運転を振り返ることが可能。

走行実績振り返り機能

今回の運転:交差点における診断結果概要を花で表現

運転ログ:地図上で交差点通過時の運転診断結果を提示

運転カルテ:診断項目(減速・加速・速度・左折・右折)ごとの評価

診断結果グラフ:走行状況・日・月ごとの評価の推移

運転アドバイス:それぞれの安全運転習得ステージに応じたアドバイス

今回の運転画面イメージ運転ログ画面イメージ運転カルテ画面イメージ診断結果グラフ画面イメージ運転アドバイス画面イメージ

事故回避支援システム「City-Brake Active System」を含む安全装備を充実させた「Safety Package」(仮称)を設定

City-Brake Active System イメージ

「『ぶつからないクルマ』をより多くのドライバーへ」をコンセプトに、予防安全技術の事故回避支援システム「City-Brake Active System」を開発。乗車定員保護技術であるサイドエアバッグやサイドカーテンエアバッグと合わせて、安全装備を充実させた「Safety Package」(仮称)として設定し、今年発売予定の新型「フィット」に適用する。

City-Brake Active Systemは、フロントウインドウ上部に設置したレーザーレーダーが前方車両を認識し、約30km/h以下で走行中に追突の危険性が高いと判断したとき、ブザーとともにメーター内のインジケーター表示が点滅して警告し、ドライバーが減速しなかった場合には自動的にブレーキがかかり、追突を回避もしくは追突時の衝撃を軽減するシステムです。

また、停止中や約10km/h以下での走行時に、前方約4m以内に障害物がある状況でアクセルペダルとブレーキペダルの踏み間違いなどによって必要以上にアクセルペダルを踏み込んだとシステムが判断した場合、ブザーとともにメーター内のインジケーター表示が点滅し、警告を促すと同時に、エンジン出力を制御して、発進を抑制する誤発進抑制機能も備える。

緊急通報システムの搭載

事故から通報までの流れ

今年夏に発売予定の新型「アコード ハイブリッド」に搭載予定の緊急通報システムは、事故の衝撃でエアバッグが作動した際に、救急救命に役立つ情報をHELPNETに通報し、専門のオペレーターが迅速に消防や警察に出動を要請する。ホンダの緊急通報システムでは、GPSの位置情報に加え、開いたエアバッグの種類、何km/h減速したのか、多重衝突であるのかも通報する。事故状況の詳細の伝達が迅速かつ正確になり、ドライバーからの口頭説明と合わせることにより、より的確な救急救命につなげる。

なお、ナビ画面上での操作により手動でも通報できるため、急病など事故以外の緊急事態時にも使用可能。

ホンダ アコード 関連ページ

ホンダ フィット 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ホンダ アコード の関連記事

ホンダ アコードの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ アコード の関連記事をもっと見る

ホンダ アコード の関連ニュース

ホンダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/23~2017/9/23

  • ホンダ

    新車価格

    142.9万円236.7万円

  • ホンダ

    新車価格

    131.5万円208万円

  • ホンダ

    新車価格

    188万円272.8万円