autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 横浜ゴム、新商品「ADVAN NEOVA AD08R」を履いたマシンが全日本ジムカーナ選手権の3クラスでデビューウィンを飾る

自動車ニュース 2013/3/13 15:44

横浜ゴム、新商品「ADVAN NEOVA AD08R」を履いたマシンが全日本ジムカーナ選手権の3クラスでデビューウィンを飾る

ADVAN NEOVA AD08R

横浜ゴムは、3月8日から発売を開始したストリートスポーツタイヤの新商品「ADVAN NEOVA AD08R」が全日本ジムカーナ選手権開幕戦(3月9日、10日開催/鈴鹿サーキット南コース)のPN1、PN3、PN4の3クラスでデビューウィンを飾ったと発表した。

ジムカーナとは舗装コースを1台ずつ走行してタイムを競う競技で、PNクラスは改造範囲が制限された車両が参加し、タイヤはストリートラジアルタイヤを装着する。PN1クラスでは鵜飼洋一選手のスズキスイフトが優勝、ダンディ赤城選手が5位入賞を果たした。

PN3クラスでは森嶋昭時選手のトヨタ86が優勝、3位に稲木亨選手、4位に小川国大選手が入賞した。PN4クラスでは1位から4位までを「ADVAN NEOVA AD08R」装着車が独占。

岡野博史選手の三菱ランサーエボリューションXが優勝し、2位に新井範正選手、3位に遠藤康浩選手、4位に角岡隆志選手が続いた。

「ADVAN NEOVA AD08R」はドライ、ウェット性能と耐摩耗性能に定評のあった従来品「ADVAN NEOVA AD08」のトレッドパターンを継承しながら、初期グリップ力とコントロール性の向上を目標に開発された新コンパウンド「MSコンパウンド2R」を採用し、構造のファインチューニングを行った。

これにより、サーキット走行においては 1周目から従来品を上回るラップタイムをマークし、さらに周回を重ねてからも優れたグリップ持続性を実現している。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!