autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 日産、ニスモ新社屋をオープン

自動車ニュース 2013/2/26 10:01

日産、ニスモ新社屋をオープン

日産は26日(火)、横浜市鶴見区に同社の関連会社であるニッサン・モータースポーツ・インターナショナル(ニスモ)のグローバル新本社をオープンした。

新本社は、日産自動車の横浜工場3地区が隣接する鶴見事業所内に新たに居を構え、グローバルにニスモブランドを拡大するための象徴的な拠点として建設。これまで分断されていた各機能を1つの建屋内に集中させることで業務効率を飛躍的に高めることが可能となった。

日産自動車社長のカルロス・ゴーン氏は、オープニングセレモニーで「ニスモは、パフォーマンスカーをお客さまにより身近に感じてもらい、より多くの人々に手頃で革新的なモデルを提供します。日産の商品に新たな興奮と革新を感じてもらうため、グローバルにラインアップを強化していきます。小型車であれスポーツカーであれ、ニスモバッジが付いたモデルであれば、ニスモ特有の品質や機能、また、スタイリング、スポーティーなハンドリング、そしてダイナミックなパフォーマンスを提供することをお約束いたします。」とコメントしている。

来年度初頭には、既に日本、ヨーロッパで販売されているジュークNISMOが、アメリカでも発売予定。ヨーロッパではその後、新型370Z NISMOが投入される。

日産は、中期経営計画「日産パワー88」期間中に少なくとも毎年1モデルのニスモ車を投入すると発表。この計画には、フラッグシップモデルであるGT-Rも含まれている。

ゴーン社長は、「ニスモモデルの開発を進めるにあたり、そのモデルラインアップにGT-Rを含めないということはあり得ません。このフラッグシップであるGT-Rの NISMOバージョンは特別な存在になると信じています。私自身運転するのが今から待ちきれません。」と述べている。

ニスモ新本社は、一つの建屋の中に機能を集中させ、モータースポーツ活動やパフォーマンスパーツの開発など、キーとなる機能すべてが集結。ショールームには最大8台の車を展示することが可能。隣接する大森ファクトリー店舗は従来より約2倍のサイズとなったほか、大森ファクトリー、レースカー整備場、工作室、研削室、カーボンコンポジット、部品庫等をワンフロアに集約し、作業効率が飛躍的に向上している。

ニスモ社長の宮谷 氏は「機能を1か所に集約することで、より効率的に業務を行うことが可能となり、結果としてニスモブランドのグローバル展開を加速させることにつながっています。これはこれからのニスモにとって非常に大切な動きです。」 とコメントしている。

さらに、日産及びニスモは26日(火)同日、2013年のグローバルモータースポーツの活動概要を発表。その内容はコチラから。

ニスモニスモ新社屋ニスモ新社屋ショールーム大森ファクトリー
大森ファクトリーレースカー整備場モデルルームカーボンコンポジットトラックヤード

日産 ジューク 関連ページ

日産 フェアレディZ 関連ページ

日産 GT-R 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 ジューク の関連記事

日産 ジュークの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 ジューク の関連記事をもっと見る

日産 ジューク の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/9/21~2017/10/21