autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース スズキ、新型「スペーシア」を発売 ~燃費29.0km/Lを達成~

自動車ニュース 2013/2/26 10:00

スズキ、新型「スペーシア」を発売 ~燃費29.0km/Lを達成~

関連: スズキ
スペーシア X キャンドルオレンジメタリック

スズキは、ハイトワゴンタイプの新型軽乗用車「スペーシア」を3月15日より販売開始する。販売価格(消費税込)は、1,228,500円~1,535,100円で、月間販売目標台数は、7,000台。

新型「スペーシア」は、ロングホイールベースの新プラットフォームを採用し、クラストップの室内長2,215mmを実現。広く開放的な室内空間は、女性の視点を取り入れた使いやすさ、運転のしやすさを考え、乗る人にやさしい機能や装備を採用している。

搭載するエンジンは、同社の「ワゴンR」等と同じく「R06A型エンジン」。低燃費、低速トルクの向上、静粛性、軽量化を特長としており、それをさらに改良。また、エネチャージや、エコクールなどスズキ独自の次世代環境技術「スズキグリーン テクノロジー」の採用、「新アイドリングストップシステム」の愛用、車両重量90kgの軽量化などにより、低燃費は29.0km/Lを実現している。(全機種エコカー減税の免税対象車)

軽量化により燃費以外にも、優れた加速性能、しっかりとしたブレーキングを実現し、高い走行性能と安全性能を確保している。

エクステリアは、ピラーを立て、ルーフ幅を広げたボクシーなロングルーフデザインで、シンプルで親しみやすいフロントデザインとなっていおり、全てのピラーはブラックアウト化され、連続したガラスエリアで開放感を演出している。

ボディカラーには、新色の「キャンドルオレンジメタリック」、「フォレストアクアメタリック」の2色をはじめ、2トーンルーフ(X、T)など、全11色の車体色を設定。

インテリアは、インパネの上面を低く、オーディオ部を前に配置。使い勝手も考慮した上下2段構成とし、上部をブラウン、下部を明るいベージュとした2トーンカラーを採用し、広いガラスエリアと、明るく開放的な印象のインテリアによって広さを演出する。

スズキ スペーシア関連コンテンツ

スズキ 新型軽自動車 スペーシア(2013年・パレット後継モデル)新型車解説/渡辺陽一郎 -ワゴンRを超える低燃費29.0km/Lを達成!

スズキ スペーシア/安枝瞳の診察しちゃうぞ

スペーシア X キャンドルオレンジメタリック ホワイト2トーンルーフスペーシア T フィズブルーパールメタリックスペーシア T フィズブルーパールメタリック ホワイト2トーンルーフスペーシア T シートフロントオーバーヘッドコンソール

商品名

機種名

エンジン

変速機

駆動

販売価格

(消費税込)

エコカー減税

スペーシア

G

0.66L

DOHC

吸排気VVT

CVT

2WD

1,228,500円

免税

4WD

1,346,100円

X

2WD

1,323,000円

4WD

1,440,600円

T

0.66L

DOHC

VVTターボ

2WD

1,417,500円

4WD

1,535,100円

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スズキ の関連記事

スズキの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スズキ の関連記事をもっと見る

スズキ の関連ニュース

スズキ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/25~2017/9/25