autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 日産自動車とヤマト運輸、100%電気式冷蔵冷凍システムトラックの実証運行を開始

自動車ニュース 2013/1/24 15:09

日産自動車とヤマト運輸、100%電気式冷蔵冷凍システムトラックの実証運行を開始

関連: 日産

世界初、荷室専用のリチウムイオンバッテリーシステムにより常時冷蔵・冷凍機能を継続稼働

ヤマト運輸株式会社向けモニター車

日産自動車株式会社は、2013年1月から1年間「アトラスF24リチウムイオンバッテリー式冷蔵・冷凍車」の実証運行をヤマト運輸株式会社と実施すると発表した。

同車は、走行時、信号待ち停車時、配送作業中のキーオフ時にかかわりなく、エンジンを一切使用せずに常時リチウムイオンバッテリーシステムだけで冷蔵冷凍荷室を継続的に稼働させる世界初のトラック。

車両エンジンへの負荷が無いため車両燃費の改善が期待される一方で、冷蔵冷凍機の出力がエンジンの回転数に左右されないことから、荷室の温度管理がしやすく、配送品のより良い品質管理に寄与する。また、配送作業中のキーオフ時でも、十分なバッテリー容量により、長時間安定した冷蔵冷凍荷室の稼働が可能となる。搭載されるリチウムイオンバッテリーシステムは、フォーアールエナジー株式会社が開発を担当している。

日産は、同車両をヤマト運輸独自の集配ニーズに合わせた仕様に仕立てた上で、モニター車として1台貸与。ヤマト運輸は、神奈川県川崎市内での業務にこの車両を活用し、クール宅急便などの集配における実用性を確認する。 尚、日産では、この「アトラスF24リチウムイオンバッテリー式冷蔵・冷凍車」の標準モデルを、2013年初夏より、日本にて発売することを予定している。

日産の村上秀人執行役員(LCV事業本部担当)は、

「『アトラスF24リチウムイオンバッテリー式冷蔵・冷凍車』はエンジンを一切使用せずに、常時リチウムイオンバッテリーによる電源システムだけで冷蔵冷凍荷室を継続稼働させる、世界初のトラックです。通常、冷蔵・冷凍車は、配送作業などのためにキーオフしてエンジンをストップすると冷蔵・冷凍機能も停止してしまいますが、このトラックはその機能をキープ出来るので、常に安定した温度管理が可能となります。騒音や排気ガスも気にならず、CO2排出量の削減にも寄与し、燃料代の節約が期待できます。今回の実証運行を通じて、ヤマト運輸様のニーズにより沿った仕様を確認していきたいと思います。また、初夏の発売を予定している標準モデルについても、より多くのお客様のご期待に応えていければ幸いです。」

と述べている。

ヤマト運輸の芦原隆執行役員(業務改革担当)は、

「一般的に集配車は集配先ごとに駐車しますが、当社は複数軒分の荷物を手押し台車などを利用し配達することで、駐車回数や走行距離を減らす努力をしています。この取り組みは交通事故防止とCO2排出削減につながりますが、その一方で1回当たりの駐車時間は長くなります。当社の特長的なサービスである冷蔵・冷凍二つの低温度帯配送を行う『クール宅急便』には集配車のエンジンを切った時にも安定した温度管理が必要です。当社は『アトラス F24』によってより高いクール宅急便品質維持の試験結果が得られることを期待しています。」

と述べている。

日産は、ゼロエミッション領域におけるリーダーとして、「日産リーフ」をはじめとする乗用の電気自動車に加え、商用電気自動車の開発・普及にも注力。現在、小型商用バン「NV200 バネット」をベースとした電気自動車「e-NV200」を、2014年中の市場投入に向けて準備している。加えて、その電気自動車が生み出す価値をトラックの領域にまで広げるべく、「日産リーフ」のバッテリーコンポーネントを活用した様々なトラックを開発中で、今回の「アトラスF24リチウムイオンバッテリー式冷蔵・冷凍車」を始め、100%電動トラック「e-NT400アトラス」や「アトラスF24給電車」といったモデルの将来の市場投入を計画している。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 の関連記事

日産の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 の関連記事をもっと見る

日産 の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/11/13~2017/12/13