autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース ベントレー 「コンチネンタルGTスピード」を日本初公開

自動車ニュース 2012/12/20 10:00

ベントレー 「コンチネンタルGTスピード」を日本初公開

12月19日(水)、ベントレー モーターズ ジャパンは、『コンチネンタルGTスピード』を日本初公開した。

『コンチネンタル GT スピード』は、コンチネンタル GTシリーズのフラッグシップモデルで、最高出力625PS(460kW)/6,000rpm、最大トルク800Nm/1700rpmを生み出すW型12気筒6リッターツインターボエンジンを搭載する。0-100km/hは、4.2秒。

シャーシは、スプリング、アンチロールバー、ブッシュが見直され、フロント・リアの車高が従来より10mm低く設定されている。また、電子制御式のダンピングコントロールシステムと、ステアリングシステムも再調整されている。

エクステリアには、ダークティントのラジエターマトリックスグリルと、エアインテークを際立たせたフロントバンパーグリルを装着。フロントフェンダーには、航空宇宙用5083アルミ合金を使用し、ボディデザインとして随所に特徴的なラインが描かれている。ホイールには、GT スピード専用の21インチアルミホイールを装備。

インテリアは、最高級天然素材のみを使用。全4シート、全ドアトリム、全リアクオーターパネルにはダイヤモンドキルト仕上げが施された多孔レザーハイドを装着し、コンチネンタルGTではオプションとなっている「マリナー ドライビング スペシフィケーション」を標準装備する。

コンチネンタル GT スピード

販売価格:24,900,000円(消費税込)

全長x全幅x全高:4,806mmx2,227mmx1,394mm

ホイールベース:2,746mm

車輌重量:2,750kg

エンジン形式:6リッターW12ツインターボチャージド

最高出力:625PS(460kW)/6,000rpm

最大トルク:800Nm/1700rpm

トランスミッション:

ZF製8速オートマチックトランスミッション(クイックシフト、ブロックシフティング、ステアリングパドルシフト付)

最高速度:330km/h

納車時期:2013年 第2四半期

ベントレー コンチネンタルGTスピードベントレー コンチネンタルGTスピードベントレー コンチネンタルGTスピードベントレー コンチネンタルGTスピードベントレー コンチネンタルGTスピード
ベントレー コンチネンタルGTスピードベントレー コンチネンタルGTスピードベントレー コンチネンタルGTスピードベントレー コンチネンタルGTスピードベントレー コンチネンタルGTスピード

ベントレー コンチネンタルGT 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ベントレー コンチネンタルGT の関連記事

ベントレー コンチネンタルGTの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ベントレー コンチネンタルGT の関連記事をもっと見る

ベントレー コンチネンタルGT の関連ニュース

ベントレー 新車人気ランキング  集計期間:2017/7/20~2017/8/20