autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース マイナーチェンジした「日産リーフ」にBose Energy Efficient Series (EES)サウンドシステムがオプション装備として採用

自動車ニュース 2012/11/21 15:00

マイナーチェンジした「日産リーフ」にBose Energy Efficient Series (EES)サウンドシステムがオプション装備として採用

BOSE

11月20日にマイナーモデルチェンジが発表された「日産リーフ」にBose Energy Efficient Series(EES)サウンドシステムが採用された。

Boseは次世代の車のあり方とその音響システムはどうあるべきかというビジョンを持ちながら、日産との共同開発に取り組み、今回の日産リーフにBose Energy Efficient Series(EES)サウンドシステムを創り上げた。

日産リーフ専用設計Bose Energy Efficient Series(EES)サウンドシステムの主な特長

日産 リーフ日産 リーフ インテリア

1.Bose Energy Efficient Series(EES)サウンドシステム搭載

Bose Energy Efficient Series(EES)サウンドシステムは、多くのBose独自技術により成り立っており、従来のサウンドシステムと比較して、30%の小型化、40%の軽量化、50%の効率改善を実現。しかも高品質で臨場感に溢れる音響パフォーマンスは一切そこなわれていない。

小型・軽量化の実現も、単に部品を小型・軽量化したわけではない。

搭載された7EQチャンネルデジタルアンプは、スピーカーが必要なときにだけ出力を提供し、必要のないときは無駄な出力を供給しないよう調整。また、Boseの高度な信号処理技術により、EESシステムのスピーカーを効率よく駆動させる。

スピーカーは、軽量化のため磁気回路の設計を大幅に最適化し、スピーカーコーンやエッジ部分はBoseが独自に開発した素材を使用することで、強度をそこなわずに軽量化されている。

2.リアカーゴに新規開発のWaveguideベースボックスを搭載

小さな空気の振動を管の内部で共鳴させ、コンサートホール全体を豊かな音で満たすパイプオルガンや管楽器。この「管共鳴」の原理を応用したBoseの独自技術が「ウェーブガイド・スピーカーテクノロジー」。この技術を車専用に新規開発したWaveguideベースボックスを採用してる。

わずかな空気振動を大きな音エネルギーに変換し、車室内で迫力のある重低音を楽しむことができる。

日産 リーフののグレード・価格など詳細はこちら

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 リーフ の関連記事

日産 リーフの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 リーフ の関連記事をもっと見る

日産 リーフ の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/11/18~2017/12/18