autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース GMジャパン、新型「キャデラックATS」を2013年3月に発売

自動車ニュース 2012/11/16 14:22

GMジャパン、新型「キャデラックATS」を2013年3月に発売

新型キャデラックATS新型キャデラックATS新型キャデラックATS新型キャデラックATS

ゼネラルモーターズ・ジャパン株式会社(GMジャパン)は本日、キャデラック・ブランドのエントリー・ラグジュアリー・スポーツセダンである新型「キャデラックATS」を発表した。

日本市場へは、新開発の2リッター直噴ターボエンジンを搭載した「キャデラックATSラグジュアリー」が2013年3月に、さらに「キャデラックATSプレミアム」が2013年5月に発売予定となっている。

新型キャデラックATSは、2012年1月に米国の「デトロイトモーターショー」でワールドプレミアを 飾った。

新型キャデラックATSはまったくの白紙の状態から設計され、強靭かつ1,580kgという軽量なボディ構造を持ち、後輪駆動アーキテクチャーが採用されている最も機敏で軽量なキャデラックだ。

また、世界で最も過酷なサーキットで知られるドイツのニュルブルクリンクをはじめ、世界各地の一般道やテストコース、研究施設で鍛え上げられたドライビング・ダイナミクスに加え、輝く斬新なデザインを持ち、美しさと技術力に裏付けされた「アート&サイエンス」のフィロソフィーを体現した斬新でダイナミックなデザイン、さらに、これまでに例のない業界初の統合インターフェイス「CUE(キャデラック・ユーザー・エクスペリエンス)」が採用されている。

新型「キャデラックATS」の主な特徴

・1,580kgの軽量ボディと理想とされる50%:50%の前後重量配分

・クラス最高レベルの出力203kW(276PS)を発揮する新型2リッター直噴ターボエンジン

・キャデラック初の5リンク独立リア・マルチリンクサスペンションとダブルピボット・マクファーソンストラット・フロント・サスペンション

・「キャデラックATSプレミアム」は、マグネティック ライド コントロール(磁性流体減蓑力制御 システム)を装備

・情報やエンタテインメントシステム(インフォテイメントシステム)を操作する「CUE」と呼ばれる統合的な業界初のインターフェイス

・Bose社と共同開発のアクティブ・ノイズ・キャンセレーション(ANC)を採用

・最新の安全装備(セーフティデバイス)を完備

新型キャデラックATS 価格

新型キャデラックATS

新型「キャデラックATSラグジュアリー」/4,390,000円

新型「キャデラックATSプレミアム」/4,990,000円

新型キャデラックATS 主要諸元

新型キャデラックATS

ステアリング位置:左

全長×全幅×全高:4,680×1,805×1,415mm

ホイールベース:2,775mm

車両重量:1,580kg

乗車定員:5名

エンジン:2リッター直列4気筒直噴ターボエンジン

トランスミッション:6速オートマチック

駆動:FR

最高出力:203kW(276PS)/5,500rpm

最大トルク:353N・m(35.9kg・m)/1,700-5,500rpm

市街地燃費(Urban):11.6 L/100km(約8.6km/L)

郊外燃費(Extra urban):6.3 L/100km(約15.9km/L)

総合燃費(Combined):8.2 L/100km(約12.2km/L)

キャデラック ATS 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

キャデラック ATS の関連記事

キャデラック ATSの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

キャデラック ATS の関連記事をもっと見る

キャデラック ATS の関連ニュース

キャデラック 新車人気ランキング  集計期間:2017/9/19~2017/10/19