autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース ポルシェ、新型カイエン ターボSの予約受注を開始

自動車ニュース 2012/10/15 17:58

ポルシェ、新型カイエン ターボSの予約受注を開始

ポルシェ、カイエン ターボS

ポルシェ ジャパンは、11月1日(木)より「新型 カイエン ターボS」の予約受注を開始すると発表した。

最高出力550PS(405kW)を誇る新型カイエン ターボSはポルシェSUVシリーズのトップモデル。走行距離100kmあたりの燃料消費量(NEDC:新欧州ドライビングサイクルによる計測)はカイエン ターボと同じ11.5リッターを記録し、エンジンの出力を考慮すると、カイエン ターボSは燃料をより効率的に使用しているといえる。

また、カイエン ターボに比べ最高出力を50PS上回り、最大トルクは750Nm(カイエン ターボ:700Nm)を発生する。0-100km加速のタイムは4.5秒(対カイエン ターボ:-0.2秒)で、最高速度は283km/h(対カイエン ターボ:+5km/h)と、加速性能と最高速度でもカイエン ターボを上回る。

カイエン ターボSは究極のダイナミックパフォーマンスが発揮できるよう、全体が体系的にデザインされている。このため、関連する制御システムは全てが標準装備。

カイエン ターボ同様、ダンパーの減衰力をアクティブに調節するポルシェ・アクティブサスペンション・マネージメントシステム(PASM)とエアサスペンションを装備し、コーナリング中のボディロールを大幅に低減させて俊敏性と快適性を向上させるポルシェ・ダイナミックシャシー・コントロールシステム(PDCC)、電子制御リアディファレンシャルとの組み合わせによってエンジントルクを左右のリアホイールに可変配分するポルシェ・トルク・ベクトリングプラス(PTV Plus)などが標準装備に加わった。

このPTV Plusはトラクション性能を改善するため、様々な走行条件下で俊敏性を発揮することが可能。なお、このニューカイエン ターボSには、スポーツクロノパッケージも標準装備されている。

エクステリアは、エアインテークグリル、ヘッドライトハウジング、ミラーパーツなどにブラックのハイグロス仕上げを採用。また、標準装備される21インチの911ターボⅡホイールは、カイエン ターボSの専用ホイールとしてデザインされたもので、カラーのポルシェ クレストがあしらわれている点や、内側の表面部分にブラックのハイグロス仕上げを施している。

さらに、新しいカラーリングのツートンカラーレザーパッケージやカラーパターンを用意。選択できるカラーコンビネーションは、ブラック/カレラレッドもしくはブラック/ルクソールベージュの組み合わせとなる。

ポルシェ、カイエン ターボSポルシェ、カイエン ターボSポルシェ、カイエン ターボSポルシェ、カイエン ターボSポルシェ、カイエン ターボS

車種

トランスミッション

ハンドル

販売価格

(消費税込)

カイエン ターボS

8速Tip-S

左/右

19,770,000円

ポルシェ カイエン 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ポルシェ カイエン の関連記事

ポルシェ カイエンの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ポルシェ カイエン の関連記事をもっと見る

ポルシェ カイエン の関連ニュース

ポルシェ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/28~2017/7/28

  • ポルシェ
    911

    新車価格

    1,244万円2,629万円

  • ポルシェ

    新車価格

    685万円1,066万円

  • ポルシェ

    新車価格

    619万円865.4万円