autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース ホンダのハイブリッド車が世界累計販売台数100万台を達成

自動車ニュース 2012/10/15 16:35

ホンダのハイブリッド車が世界累計販売台数100万台を達成

フィット ハイブリッド (フレッシュライム・メタリック) 2010.10.08発表フィット シャトル ハイブリッド (アラバスターシルバー・メタリック) 2011.06.16発表フリード ハイブリッド・ジャストセレクション <6人乗り> (プレミアムブルーオパール・メタリック) 2011.10.27発表フリード スパイク ハイブリッド・ジャストセレクション (スーパープラチナ・メタリック) 2011.10.27発表

ホンダのハイブリッド車の世界累計販売台数が、2012年9月末時点で100万台を超えた。1999年11月に、燃費35km/Lを記録した初代「インサイト」(当時の量産ガソリン車、世界最高低燃費)を日本で販売開始して以来、12年11ヵ月での達成となる。

ホンダは、ハイブリッドシステム・IMA(インテグレーテッド・モーター・アシスト)の軽量、コンパクトな特長を活かしてラインアップを拡充、現在は8モデルのハイブリッド車を約50ヵ国で販売している。

今年5月には、ホンダとして海外初のハイブリッド車(アキュラ「ILX ハイブリッド」)を米国で生産開始。7月にはタイで「ジャズ ハイブリッド」の生産を開始した。さらに、2012年中にマレーシアでもジャズ ハイブリッドの生産を開始する予定。

今後、ホンダは現在の1モーターのIMAをさらに進化させるほか、中型車領域では新たに2モーターを搭載したハイブリッド車を追加する。さらに、高次元のスポーツハンドリングと燃費性能を両立した高効率・高出力の3モーターハイブリッドシステム「Sport Hybrid SH-AWD(R)(Super Handling All Whee