autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 日産、新型ラティオを発売

自動車ニュース 2012/10/5 09:48

日産、新型ラティオを発売

日産 新型ラティオ日産 新型ラティオ

日産は、フルモデルチェンジした新型「ラティオ」を、10月5日より販売開始する。月間販売目標台数は、1,200台としている。

新型「ラティオ」は、日本やアメリカなどの成熟市場と、中国、タイ、インド、ブラジルなどの新興市場など、世界150カ国以上で販売するコンパクトセダン・グローバル戦略車として開発されたモデル。これまでグローバル展開により、約50万台を販売している。

生産工場を、メキシコ・中国・タイ・インドと戦略的に配置し、高品質・高効率を両立する。日本での販売モデルはタイ工場で生産される。

新型ラティオの主な特長

フォーマルなエクステリア

5ナンバーセダンとして、水平基調の堂々としたサイドビューや、大きなヘッドランプやグリルを採用したフロントスタイルなど、存在感と上級感を際立たせたデザインとした。

広く快適な室内空間

エンジンルームの最小化、燃料タンクの最適配置などにより、1クラス上のセダン並の広い室内空間(有効室内長)を実現。また、後席はゆとりのあるニールームと広い視界により、後席に座られるお客さまの快適性を高めている。トランクルームはVDA容量490Lを確保するとともに、トリム形状を工夫することで、荷物の積載性を向上。また、従来から好評だった「乗り心地のよさ」をさらに磨き上げ、コンパクトセダンを求める幅広いユーザーニーズを高次元で満たす。

高い環境性能と経済性

■全車アイドリングストップ付きで、クラスNo.1低燃費

全車にHR12DEエンジンとアイドリングストップ、副変速機付きエクストロニックCVTを搭載。さらに、車両トータルで約70kgの軽量化(旧型比)を行い、空力性能に優れたボディ形状を採用し、22.6km/L(JC08モード)のクラスNo.1低燃費を実現。また、「HR12DE」エンジンは、市街地走行においては、十分な加速性能を持ち、日常域での使い勝手に優れている。

■クラスNo.1低燃費の実現により、全車が75%減税対象

低燃費実現により、「平成27年度燃費基準+10%」を達成し、国土交通省の「平成17年基準排出ガス75%低減レベル(SU-LEV)」認定と合わせて、「エコカー減税」による減税措置で、自動車取得税及び自動車重量税が75%減税となる。

関連記事

日産 新型ラティオ 新型車解説

日産 新型ラティオ日産 新型ラティオ日産 新型ラティオ日産 新型ラティオ日産 新型ラティオ

駆動

グレード

エンジン

ミッション

販売価格

(消費税込)

2WD

B

HR12DE

エクストロニックCVT

(無段変速機)

1,388,100円

S

1,419,600円

X

1,470,000円

G

1,698,900円

日産 ティーダラティオ 関連ページ

日産 ラティオ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 ティーダラティオ の関連記事

日産 ティーダラティオの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 ティーダラティオ の関連記事をもっと見る

日産 ティーダラティオ の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/25~2017/11/25