autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース スバル、「第39回 国際福祉機器展」に車輌出展

自動車ニュース 2012/9/24 14:50

スバル、「第39回 国際福祉機器展」に車輌出展

スバル

スバルは、9月26日~28日に東京ビッグサイトで開催される「第39回 国際福祉機器展 H.C.R.2012」に、「BRZ S 運転補助装置付」と「エクシーガ2.5i EyeSight ウイングシート(リフトタイプ)」を出展する。

15回目の出展となる今年は、出かけるよろこびを一人でも多くの方に届けるべく、「出かけることが、好きになる。」をテーマとし、自操装置を装着した「SUBARU BRZ S 運転補助装置付」、助手席シートが電動で回転昇降し、先進運転支援システム「EyeSight(ver.2)」を搭載した「エクシーガ 2.5i EyeSight ウイングシート(リフトタイプ)」を出展する。

主な企画

スバル福祉車両ユーザードキュメンタリー映像

出典テーマである「出かけることが、好きになる。」の下に、スバルの福祉車両がある生活の魅力、さらには「安心と愉しさ」を提供するスバルのメッセージを盛り込んだ、オリジナル映像を放映。

映像は、国際福祉機器展開催終了後にスバル動画ライブラリー「CHANNEL SUBARU」(http://www.subaru.jp/channel/)でも閲覧可能。

先進運転支援システム「EyeSight(ver.2)」視認体験

「EyeSight(ver.2)」は、スバル独自のステレオカメラを用いた先進運転支援システム。国際福祉機器展では、アイサイトのシステムがステレオカメラで撮影した映像を画像処理し、リアルタイムで物体を認識する様子を、専用モニターに映し出す。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!