autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 「Omoiyari Light story Yokohama(おもいやりライトストーリーヨコハマ)」、YouTubeにて公開

自動車ニュース 2012/9/20 17:05

「Omoiyari Light story Yokohama(おもいやりライトストーリーヨコハマ)」、YouTubeにて公開

おもいやりライト写真家 森 日出夫 氏ピアニスト 鬼武みゆき氏

おもいやりライト運動事務局は、横浜で街、人を撮りつづけてきた写真家・森日出夫氏を企画/撮影に、世界で活躍する横浜在住のピアニスト・鬼武みゆき氏を楽曲制作に迎え制作した映像コンテンツ「Omoiyari Light story Yokohama(おもいやりライトストーリーヨコハマ)」を、9月20日(木)よりYouTubeにて公開を開始した。

『おもいやりライト運動』とは

交通事故が一番多い時間帯は夕方の16時~18時と言われている。夕焼けで美しく輝く時間帯は、ドライバーにとって歩行者が見えづらく、歩行者にとってクルマの接近に気づけない、そんな時間帯。「おもいやりライト運動」はこの夕暮れ時に多発する自動車事故を削減することを目指し、<ドライバーへのヘッドライト早期点灯>と<歩行者やサイクリストなど道路を共有する人々へサムシングイエロー、反射材をつけること>を呼びかけて交通事故を削減する運動。

「Omoiyari Light story Yokohama」は、横浜の風景をタイムラプス撮影し、ヘッドライト早期点灯を伝えるシーンを加え構成された映像。9月20日からYouTubeにて公開を始め、さらに、街中に設置されたデジタルサイネージや映像装置で上映し、行き交う多くの人々にヘッドライト早期点灯とサムシングイエロー着用の必要性を伝える。

映像はこちら⇒http://www.omoiyari-light.com/TOPICS/NEWS/000087.html

他にも、山形県の各地で実施される安全運転管理者等法定講習でも映像を利用する。今後は、全国さまざまな場所で上映機会を増やしていく。

【展開場所】

■NTT東日本神奈川支店(神奈川県横浜市中区山下町198)…施設内3箇所にて9月21日より上映

■山形県安全運転管理者等法定講習…2012年9月より実施される各地の講習会にて順次上映

おもいやりライト運動事務局は、年間を通して横浜市にて市民会議を開催し、募られた意見を参考にしながら啓発活動となるイベントなどを実施、同時にWEBサイトやSNSを活用し、ヘッドライト早期点灯の呼びかけや「見えやすさ・見られやすさ」を認識してもらうことを目的とした情報発信を行っている。2010年秋より活動をスタートさせ、2012年9月現在では447を超える企業・団体・個人からなる賛同パートナーが集い、全国的に「おもいやりライト運動」賛同の輪が拡がっている。

「おもいやりライトシャルソン」を開催(予定)

今春に開催した「よこはまシャルソン」をパワーアップさせたソーシャルマラソンイベント「おもいやりライトシャルソン」を開催(予定)する。

「クイーンズスクエア横浜」内に会場を設置、ステージに中継基地を設け、ユーストリームで中継しながら動画を配信する。またスカイプ、フェイスブック、ツイッター、グーグルラティチュードといったSNSを活用し、参加者とそして全国の賛同パートナーとコミュニケーションを取りながら運営する。

参加者はおもいやりライト運動「セーフT」シャツを着用しステッカーやパンフレットの配布なども行い、夕暮れ時のおもいやりライトタイムには参加者全員でアクション及びフォトセッションを実施する。

開催日時(予定):11月10日(土)11:00~17:00

会場(予定):クイーンズスクエア横浜内クイーンズサークル、横浜市内

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!