autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース プジョー、208を発売 ~1.2リッターエンジン採用、価格は199万円から~

自動車ニュース 2012/9/20 09:45

プジョー、208を発売 ~1.2リッターエンジン採用、価格は199万円から~

関連: プジョー
プジョー 208 Allure(アリュール)[3ドア・1.2リッター][ボディカラー:カラド・ブルー](左)と208 Premium(プレミアム)[5ドア・1.6][ペルラ・ネラ・ブラック](右)プジョー 208 Cielo(シエロ)[5ドアハッチバック・1.6リッター][ボディカラー:スピリット・グレー]プジョー 208 Cielo(シエロ)[5ドアハッチバック・1.6リッター][ボディカラー:スピリット・グレー]プジョー 208 Cielo(シエロ)[5ドアハッチバック・1.6リッター][ボディカラー:スピリット・グレー] フロントマスク

プジョー・シトロエン・ジャポンは、プジョーの基幹モデル「プジョー208」を2012年11月1日(木)より販売開始すると発表した。

プジョー208は「RE-GENERATION」をコンセプトに、クルマのスタンダードや常識をも見直し、まったく新しい、これまでにないクルマの価値観を表現したモデルとしてデビューした。

ダウンサイジングしながらも広い車室を確保し、環境性能に優れた新開発の1.2リッターエンジンを採用。新感覚のコックピットによってこれまでにないドライビングを体感できる。

プジョー208の主な特徴は以下の通り。

1.コンパクトなボディに、より大きなスペースを室内に確保し徹底した軽量化も実現

2.プジョーらしさを失わず、さらに個性的かつ先進的なエクステリアデザイン

3.斬新な小径ステアリングやヘッドアップインストルメントパネルによるまったく新しいドライビング感覚

4.環境性能を重視した新開発の3気筒1.2リッターエンジン

5.環境に配慮した設計と先進の安全装備

「プジョー208」は3ドアと5ドアの2つのボディバリエーションがあり、3ドアには1.2リッターエンジンを搭載したAllure(アリュール)と156psを誇る1.6リッターターボエンジンを搭載したGT、また5ドアには1.6リッターエンジンを搭載し、装備によってPremium(プレミアム)とCielo(シエロ)がラインナップされる。

「プジョー208」のボディカラーは全7色で、「カラド・ブルー」「ブロッサム・グレー」「スピリット・グレー」のメタリック3色が新色として追加された。

「プジョー 208」モデルバリエーションと価格

モデル

エンジン

排気量(cc)

ドア数

トランスミッション

シート

価格

208 Allure

1,199

3

5速マニュアル

テップレザー/ファブリック(ブラック)

1,990,000

208 GT

1,598

6速マニュアル

2,580,000

208 Premium

5

4速オートマチック

ファブリック(ブラック/グレー)

2,160,000

208 Cielo

レザー/ファブリック(ブラック)

2,400,000

プジョー 208の主な特徴

プジョー 208 Allure(アリュール)[3ドアハッチバック・1.2リッター][ボディカラー:ビアンカ・ホワイト]プジョー 208 Allure(アリュール)[3ドアハッチバック・1.2リッター][ボディカラー:ビアンカ・ホワイト] フロント周りプジョー 208 Allure(アリュール)[3ドアハッチバック・1.2リッター][ボディカラー:ビアンカ・ホワイト] エクステリア・Cピラー装飾

1.コンパクトなボディに、より大きなスペースを室内に確保し徹底した軽量化も実現

「208」は前モデルの207と比較してフロントで75mm、リアで10mmボディサイズを短縮。また、207と同じホイールベースでありながら、デザイン全体の徹底的な見直しによって後席のニールームは50mm拡大された。

また、リアシェルフ下のスペースも207プラス15Lという、285Lの広いスペースが確保されている。

コンパクトなフォルムとともに、軽量化も大きな特徴の一つ。アルミニウム製のフロントビームアブソーバー、フロントサブフレームのサイズ、ルーフのレーザー溶接、VHSS(高張力鋼板)とUHSS(超高張力鋼板)パネルの広範囲にわたる採用、エンジンの防音材質の改良などにより、208は同じエンジンを搭載したモデルで比較した場合、207に比べ100キロもの軽量化を実現している。

2.プジョーらしさを失わず、さらに個性的かつ先進的なエクステリアデザイン

208における大きな特徴がフロントグリル。新たなブランドアイデンティティとなる個性的なグリルは、フローティンググリルと呼ばれ空中に浮かぶ彫刻のような印象を与える。

また、このグリルの持つエアインテーク機能は、燃料消費率の低減にも貢献しており、デザインと機能の高次元なマッチングを実現している。

ヘッドライトにはLEDのポジションランプが採用され、それらが作りだす力強いラインは昼夜を問わず固定的な表情を形成し、インパクトあるものとしている。

3.斬新な小径ステアリングやヘッドアップインストルメントパネルによるまったく新しいドライビング感覚

自然と目に入りドライビング中の見やすさが際立つメーター類、そして楕円で小径のステアリングの操作性の良さがこれまでとは明らかに違う感覚を与えてくれる。

インパネ中央のタッチスクリーンは、セミフローティングスタイルを採用。ほとんどのコントロールスイッチ類はステアリングホイールかタッチスクリーンに配され、これまでにない操作性の高さを実現している。

4.環境性能を重視した新開発の3気筒1.2リッターエンジン

208に採用された新開発の3気筒1.2リッターエンジンは、フリクションロスを大幅に低減し、燃焼効率などあらゆる部分で徹底的に効率化を図っている。

最高出力は60kW(82ps)、最大トルクは118Nm/2,750rpmを発揮。エンジンの騒音と振動対策として、逆位相で回転するバランサーシャフトを搭載している。

5.環境に配慮した設計と先進の安全装備

208では、車両に使用されている総重量170キロのポリマー素材の25%を、グリーンな素材からリユースしている。(207では7%)

安全性においては、衝突時に衝撃を吸収するために変形するアルミ製ビームアブソーバーに代表されるように軽量化を達成しながら、安全性に大きく寄与するものとしている。

また、2つのフロントエアバッグ、2つのフロントサイドエアバッグ、2つのカーテンエアバッグを装備し、リアには3つの固定ポイントを備えるISOFIXアンカーが2座席分設置されている。

プジョー 208 Allure(アリュール)[3ドアハッチバック・1.2リッター] フロント・インパネ周りプジョー 208 Allure(アリュール)[3ドアハッチバック・1.2リッター] フロントシート(ファブリックシート)プジョー 208 Allure(アリュール)[3ドアハッチバック・1.2リッター] 新開発の1.2リッター 直列3気筒 DOHCエンジンプジョー 208 Cielo(シエロ) 1.6リッター直列4気筒 DOHC ガソリンエンジン
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

プジョー の関連記事

プジョーの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

プジョー の関連記事をもっと見る

プジョー の関連ニュース

プジョー 新車人気ランキング  集計期間:2017/11/13~2017/12/13

  • プジョー

    新車価格

    263万円285万円

  • プジョー
    RCZ

    新車価格

    433.5万円550.8万円

  • プジョー
    308

    新車価格

    279万円436万円