autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 新型ワゴンRに採用されているリチウムイオン電池は東芝の「SCiB」

自動車ニュース 2012/9/7 12:02

新型ワゴンRに採用されているリチウムイオン電池は東芝の「SCiB」

新型ワゴンRに搭載されている高効率リチウムイオンバッテリー新型ワゴンRのリチウムイオンバッテリーは助手席シート下へ搭載されている

東芝は、同社のリチウムイオン二次電池「SCiB」が、スズキ株式会社(以下、スズキ)の新型「ワゴンR」「ワゴンRスティングレー」に搭載されるアイドリングストップシステム「ENE CHARGE(エネチャージ)」のバッテリーに採用されたと発表した。同社では、SCiBの持つ急速充電性能(高回生性能)、長寿命性能などがスズキに評価され、採用に至ったとしている。

新型ワゴンRには、スズキ独自の減速エネルギー回生機構「ENE-CHARGE」が搭載されている。「ENE-CHARGE」は、減速時の運動エネルギーを高効率に充電するシステムで、蓄えた電気を電装品に供給することで発電によるエンジンの負担を軽減し燃料消費を抑制して、低燃費を実現するもの。

SCiBセルは負極に東芝独自の材料を採用したことにより、急速充電性能、長寿命性能を有し、低温下など過酷な使用条件下でも短絡や劣化の原因となるリチウム金属が析出しにくいという特長を持つ。

東芝では、これまでにも三菱自動車工業の電気自動車「i-MiEV(アイ・ミーブ)」「MINICAB-MiEV(ミニキャブ・ミーブ)」、本田技研工業の電気自動車「フィットEV」に対して、高容量タイプ(20Ahセル)のSCiBの採用実績がある。

同社では今後、アイドリングストップシステム、HEV等に適した高入出力タイプのSCiBの製品化にも注力し、車載向け事業の取り組みをさらに加速していくとともに、スマートグリッドなどで利用される電力貯蔵や周波数変動抑制向けなど新たな市場での事業も拡大していくとしている。

◆以下の新型ワゴンRの記事も、ぜひご覧ください!

◇スズキ 新型ワゴンR 新型車解説 -燃費は軽ワゴントップの28.8km/L!-◇

◇スズキ 新型ワゴンR 新型車速報 ~渡辺謙も思わず「新型ワゴンR、買っちゃった!」~◇

スズキ ワゴンR 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スズキ ワゴンR の関連記事

スズキ ワゴンRの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スズキ ワゴンR の関連記事をもっと見る

スズキ ワゴンR の関連ニュース

スズキ 新車人気ランキング  集計期間:2017/7/17~2017/8/17