autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース トヨタ、オーリスをフルモデルチェンジ

自動車ニュース 2012/08/20 13:10

トヨタ、オーリスをフルモデルチェンジ

直感性能を磨き上げたスポーツハッチバックの新基準

RS“S Package”(アバンギャルドブロンズメタリック)〈オプション装着車〉RS“S Package”(アバンギャルドブロンズメタリック)〈オプション装着車〉RS“S Package”(内装色:ブラック)〈オプション装着車〉

トヨタは、オーリスをフルモデルチェンジし、8月20日より販売開始した。月販目標台数は2,000台としている。

「スポーツハッチバックの新基準」確立というコンセプトのもと、デザインや乗り味など、クルマ本来の魅力を高次元で調和させている新型オーリス。

全高を55mm下げた低重心フォルムや、欧州各国で繰り返し走行テストを行って、走行性能が鍛えられたほか、スポーティグレードの「RS」についても強化された。初代オーリスから引き継いだ「直感性能」をオーリス独自のブランドイメージとして確固たるものとするべく、新型オーリスはさらに進化が図られた。

主な特長

RS(オレンジメタリック)

見る者を一瞬で引きつけるフロントフェイスに代表されるエモーショナルな内外装デザイン

■トヨタ独自のフロントの表情「キーンルック」が特徴的な、新型オーリスのデザインテーマは「SMART DYNAMISM」。エクステリアは、低重心パッケージを活かしたダイナミックなデザインと空力や居住空間確保などの機能性をスマートに融合。

■インテリアはスポーティかつ上質な室内空間を演出する造形としたほか、大開口パノラマルーフ(オプション設定)で開放感を付与。

クルマを操る楽しさを味わえるレスポンスの良い走行性能

■スポーティグレードの「RS」は、専用の6速マニュアルトランスミッションやディスクブレーキの採用などにより、一段高いレベルの運動性能とレスポンスを実現。走りの楽しさを存分に味わえる仕様としている。

■操縦性・走行安定性など、クルマのあらゆる運動性能のベースとなる高いボディ剛性を確保し、俊敏な走りと快適な乗り心地を高次元で両立