autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース アウディ、新型「RS5」Coupeを発表

自動車ニュース 2012/8/7 10:32

アウディ、新型「RS5」Coupeを発表

エクステリアはよりシャープに、操作系はより洗練度を高めたモデルに

Audi RS5Audi RS5Audi RS5

アウディ ジャパンは、高性能プレミアムスポーツクーペ「 RS5」をモデルチェンジし、8月7日より販売開始する。販売価格(消費税込)は、12,226,000円。

「RS5」は、アウディのスポーツモデルの開発部門「quattro GmbH(クワトロ ゲーエムベーハー)」が開発~生産まで手がけるプレミアムスポーツクーペ。

エクステリアは、以前よりも筋肉質となり、ヘッドライトとリアライトは共にデザインの見直しを受けた。また、1つの帯のように見えるLEDポジショニングライトを装備したキセノンプラステクノロジーも用意。

インテリアは黒を基調としたデザインで、カーボンのデコラティブパネルがアクセントとなっている。スイッチ類の配置やデザインなども操作性を高めるために改良が施された。

エンジンには、高回転型の自然吸気4.2リッター V8 FSIエンジンを搭載し、最高出力331kW(450ps)を8,250rpmで、最大トルク430Nm(43.8kg-m)を4,000~6,000rpmの間で発生する。0~100km/h加速はわずか4.5秒で、燃料消費量は8.1km/L(JC08モード)。

トランスミッションには7速Sトロニックを組み合わせ、最新のクワトロシステムは、セルフロッキング機能を備えたセンターディファレンシャルやトルクベクタリングシステムを採用し、リアホイールのパワー分配をアクティブに行うスポーツディファレンシャルも標準装備されている。

他にも、スポーツ性を重視したRS5専用のスポーツサスペンションの採用により、ベースとなったA5と比べると車高は約20mm低められている。

アウディ 新型RS5

駆動方式:クワトロ

ハンドル:右/左

トランスミッション:7速Sトロニック

エクステリアデザイン&ボディ

■流れるようなシルエットにシャープなアクセントを加え、より筋肉質になったプロポーション

■上端の角が落とされた新形状で、アンスラサイトグレー仕様のシングルフレームグリル

■新デザインのヘッドライト内部構造を変更し、LEDポジショニングライトを装備したキセノンプラステクノロジーを採用。テールライトとリアバンパーのデザインも変更。

■前後重量配分をより適正化するために、アルミニウム製フロントフェンダーを採用

インテリア

■デコラティブパネルにカーボンを採用するなど、高品質なパーツの数々

■新デザインのボトムフラットタイプの3スポークスポーツステアリングホイールには、使い勝手の向上したマルチファンクションのコントロールスイッチ類などを配置

■コントロールスイッチ類のほぼすべてを改良

■14スピーカーを備える高性能なバング&オルフセンサウンドシステムを標準装備

ドライブトレイン&シャシー/安全性能

■高回転型自然吸気4.2リッター V8 FSIエンジンは最高出力331kW(450ps)/8,250rpm、最大トルク430Nm(43.8kg-m)/4000-6000rpmを発生

■7速Sトロニックトランスミッションを搭載

■燃料消費量は8.1km/L(JC08モード)

■RS5専用のスポーツサスペンションに加え、高い精度と駆動力をもたらすリヤスポーツシファレンシャルを標準設定。

■265/35タイヤを装着する19インチホイールを標準装備

■アウディドライブセレクトを標準設定。「エンジン」、「ダイナミックステアリング」「リヤスポーツディファレンシャル」「エキゾーストフラップ」などの統合制御が可能

■フロントに8ポッドキャリパーを備えた高性能ブレーキを標準装備

■スポーツモードを採用したESPは、手動で作動を停止することも可能

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!