autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本、2013年・春に情報発信拠点「メルセデス・ベンツ コネクション」を大阪に新規オープン

自動車ニュース 2012/7/23 10:59

メルセデス・ベンツ日本、2013年・春に情報発信拠点「メルセデス・ベンツ コネクション」を大阪に新規オープン

東京・六本木店は継続運営、2013年1月に移転・新装オープン

メルセデス・ベンツ コネクション イメージパースメルセデス・ベンツ コネクション イメージパースメルセデス・ベンツ コネクション イメージパース

メルセデス・ベンツ日本は、2011年7月より東京・六本木にて18ヶ月限定で展開していた情報発信拠点「Mercedes-Benz Connection(メルセデス・ベンツコネクション)」を、2013年春に大阪でも展開する。

場所は、JR大阪/梅田駅北側の再開発地域に2013年春に誕生予定の、うめきた先行開発区域「グランフロント大阪」の中核施設「ナレッジキャピタル」内にテナントとして新規オープンする予定で、隣接する屋内広場「ナレッジプラザ」を活用した車両展示等も計画している。

メルセデス・ベンツコネクションは、2011年7月に東京・六本木でオープンして以来、延べ66万人以上(2012年6月末日時点)の来店者数を記録。メルセデス・ベンツ日本は、「メルセデスをより身近に感じていただける場」として、メルセデス・ベンツコネクションの、継続・発展を決定した。2013年1月には、六本木の現在の所在地から北西に徒歩1分の外苑東通り沿いに移転・新装オープンする。外観イメージはそのままに延床面積を拡大し、飲食スペース・内容とも一層の充実を図る。今後は、東京・大阪の2拠点で発展させていく。

メルセデス・ベンツ日本社長のスピークス氏は、「メルセデス・ベンツコネクションの開設と活用により、メルセデス・ブランドをより多くのお客様に体感して頂く機会が創出できました。2013年以降も、東京・六本木と大阪・梅田という東阪のトレンド発信地で、メルセデスの『いま』を感じ、楽しんで頂けることを確信しています。」とコメントしている。

メルセデス・ベンツコネクション(大阪・梅田)

■オープン 2013年春予定

■所在地 ナレッジキャピタル1F、うめきた先行開発区域「グランフロント大阪」内(大阪市北区大深町)

メルセデス・ベンツコネクション(東京・六本木)

■オープン 2013年1月上旬予定~2015年春までの期間限定営業

■所在地 東京都港区六本木7丁目

メルセデス・ベンツブランドが、世界で初めて展開するカフェやレストランラウンジを中心とした情報発信拠点。2011年7月から18ヶ月限定で開設。新たな顧客層に対するブランドの訴求や浸透を目的として、メルセデス・ベンツに関する情報の発信やイベント会場、他ブランドとのコラボレーションの場として活用されていた。今回、2015年春まで継続運営が発表された。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!