autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース アストンマーティン、新型ヴァンキッシュを公開

自動車ニュース 2012/6/22 17:49

アストンマーティン、新型ヴァンキッシュを公開

アストンマーティン 新型 ヴァンキッシュアストンマーティン 新型 ヴァンキッシュ

アストンマーティンは、ラグジュアリースポーツカーの新型ヴァンキッシュを公開した。

新型ヴァンキッシュは、限定モデルの「One-77」と「V12ザガート」を除いた、現行アストンマーティン・ラインナップの頂点に君臨するモデルに位置づけられている。

大幅な改良が施されたV12エンジン

アストンマーティン 新型 ヴァンキッシュアストンマーティン 新型 ヴァンキッシュ

6.0リッター自然吸気V12ガソリンエンジンは、改良型ブロックと新たにデュアル可変バルブタイミング機構が組み込まれた新しいヘッド、フューエルポンプのアップグレード、スロットルボディの拡大、「ビッグウィング」インテークマニホールドの改良、完全に機械加工された燃焼室など、大幅な改良が施された。

6速オートマチックギアボックスであるタッチトロニック2との組み合わせにより、最高出力573PS(565bhp)、最大トルク620Nm/5,500rpmを発生させ、0~100km/hをわずか4.1秒で加速する。

伝統を受け継ぎつつ、初のカーボンファイバーを採用したエクステリア

アストンマーティン 新型 ヴァンキッシュ

エクステリアには、伝統を受け継ぎつつ、ウェストラインや長くなったサイドストレーク、LEDリアライトなど、One-77スーパーカーから数々の革新デザインを改めて採用している。

ボディパネルに、カーボンファイバーが使われており、、強度/重量バランスに優れる。さらに、ボディ下部にもカーボンファイバー・スプリッター、カーボンファイバー・サイドスカート、カーボンファイバー・リヤディフューザーを配置する。

カーボンファイバー素地の織り目の方向にもこだわり、カーボンファイバー素地が露出するコンポーネントは、織り地とボディ形状が完璧に一致するようデザイン・製作されている。

One-77をベースにさらに昇華させたインテリア

アストンマーティン 新型 ヴァンキッシュアストンマーティン 新型 ヴァンキッシュ

インテリアも改良され、インストルメントパネルはOne-77をさらに昇華させたものを装備し、One-77と同一の新型ドライバー・インフォメーション・モジュール(DIM)も装備されている。

デジタルディスプレーは、現行アストンマーティンオーナーからのフィードバックに基づいて改良され、デジタルスピードメーターと、航続可能距離とオドメーターを表示するトリップコンピュータが常時表示されるようになった。

One-77直系のセンターコンソールは、Vanquishに合わせてカスタマイズされ、ECUエンジンスタートやギアセレクションボタンがレイアウトされている。 1ピース構造のダッシュボードトリムがセンターコンソールまで延長されており、ダッシュボードとセンターコンソールの間にはパーツの継ぎ目がない。

さらに、ガラス・スターターモジュール(ガラスECU)とガラス・ギアセレクション・ボタンに加えて、センターコンソールにすべてのスイッチ類をレイアウトし、イルミネーションとハプティックフィードバックが採用されている。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!