autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース NEXCO東日本 東北地方の高速道路の無料措置 4月以降の取り扱いについて

自動車ニュース 2012/3/23 16:38

NEXCO東日本 東北地方の高速道路の無料措置 4月以降の取り扱いについて

NEXCO東日本

NEXCO東日本は、東北地方の高速道路の無料措置の4月以降の取扱いについて、以下のように発表した。

1.原発事故により避難されている方の支援

原発事故により避難されている方の支援については、見直しが行われた上で継続される。

実施期間:平成24年4月1日 0時~平成24年9月30日 24時

対象者:東日本大震災発生時(以下「被災時」)に、以下の警戒区域及び計画的避難区域に指定されている地域並びに緊急時避難準備区域に指定されていた地域(以下「警戒区域等」)を生活の本拠としていた方

対象車種:全車種(ETCでの利用は対象外。)

対象IC

・東北道・・・本宮、二本松、福島西、福島飯坂、国見

・常磐道・・・いわき中央、いわき四倉、広野、南相馬、相馬、山元

・磐越道・・・いわき三和、小野、船引三春、郡山東

※南相馬、相馬については、南相馬~相馬間の開通後に対象ICに追加される

措置内容:対象ICを入口または出口として取り扱う通行料金が全て無料となる。

※これとは別に通行料金の取り扱いをする山形自動車道、日本海東北自動車道(湯殿山~酒田みなと)、米沢南陽道路、東京外環道、首都高速道路、流山有料道路、常陸那珂有料道路、日立有料道路、第二みちのく有料道路などは有料となる。

必要書面:出口料金所において次のとおりの書面(原本に限ります。コピーは無効。)を呈示。

・避難元が確認できる書面(被災時の居住地が記載されているもの)

・本人確認ができる書面

通行方法

入口料金所で「一般」と表示されたレーンで通行券を受け取り、出口料金所で「一般」と表示されたレーンで係員に通行券を渡し、前欄の必要書面を呈示する。

※ETCでの利用は対象外

2.その他

被災地支援、観光振興及び原発事故以外で避難されている方の支援は、平成24年3月31日(土)までで終了となる。

4月1日前後の無料措置の取扱いは入口料金所の通過日が3月31日(土)となる利用まで無料措置が適用される。

【問合せ先(お客さま専用)】

NEXCO東日本 お客さまセンター

TEL:0570-024-024(ナビダイヤル)(24時間)

又はTEL:03-5338-7524(PHS、IP電話のお客さま)

NEXCO中日本 お客さまセンター

TEL:0120-922-229(フリーダイヤル)(24時間)

又はTEL:052-223-0333(フリーダイヤルがご利用できないお客さま)

NEXCO西日本 お客さまセンター

TEL:0120-924-863(フリーダイヤル)(24時間)

又はTEL:06-6876-9031(フリーダイヤルがご利用できないお客さま)

JB本四高速 お客さま窓口

TEL:078-291-1033(9:00~17:30)

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!